VAGUE(ヴァーグ)

西日本の道の駅に誕生したグランピング施設は1日1組限定「地産地消の“味の宿”」

広大な道の駅に贅沢なグランピング施設が出現

 京都・京丹後市にある道の駅 丹後王国「食のみやこ」。甲子園球場約8個分の広大な敷地を誇る西日本最大級の道の駅内に、1日1組限定のグランピング施設がオープンした。

 ドライブや観光で多くの人が訪れる道の駅にグランピング施設を開設した経緯を、運営元であるパソナグループの広報・田之頭さんはこう語る。

道の駅 丹後王国「食のみやこ」内に1日1組限定のグランピング施設がオープン。テントは居住性に優れた大きなドーム型で専用のダイニングスペースを完備するなど、プライベートなひとときを楽しめるよう配慮されている
道の駅 丹後王国「食のみやこ」内に1日1組限定のグランピング施設がオープン。テントは居住性に優れた大きなドーム型で専用のダイニングスペースを完備するなど、プライベートなひとときを楽しめるよう配慮されている

「道の駅を訪れる皆さまに、もっと丹後のおいしい食と地域の雰囲気を知っていただきたいとの思いから、今回、グランピング施設をオープンいたしました。本施設は1日1組限定で、テントは居住性に優れた大きなドーム型を導入。BBQや食事を楽しんでいただける専用のダイニングスペースも完備しています。敷地が広大なため喧騒から離れることができ、よりプライベートで特別なひとときをお楽しみいただけます。

 また、施設は木々に囲まれているので、春の枝垂れ桜など四季折々の自然を愛でることができます。お子さまにも、施設や道の駅内にあるさまざまなアクティビティを楽しんでいただきながら、ほかでは味わえない宿泊体験を楽しんでいただけます」

●京丹後の旬の食材をつかったBBQやアクティビティ

 食事は、道の駅内にある「ホテル丹後王国」から届けられる。メニューは、京都が誇るブランド豚“京丹波高原豚”や新鮮な海の幸、旬の野菜など丹後地域の食材を使用したオリジナルBBQをはじめ、日本海で水揚げされる松葉ガニ、柴山港産の柴山ガニをつかった豪華な懐石料理なども提供される予定だ。

 また、道の駅内にある丹後地域のクラフトビール店、自家製ソーセージ店、丹後の食材を使ったパン屋を訪れ、地場の美味を楽しむのもおすすめだ。

 一方、グランピングエリアにはテントサウナとジャグジープールが設営予定のほか、リアルに再現された全長7mを超える“動く恐竜”のモニュメントなど見どころ満載。さらに広大な道の駅には、子どもに人気の“小さな動物園”でのえさやり体験や、芝すべりといったアトラクションも完備されている。

 贅沢な立地で楽しむ優雅なひととき。京丹後の魅力をより濃厚に味わえる道の駅ならではのグランピング体験が待っている。

●施設概要
・施設名:道の駅 丹後王国「食のみやこ」 グランピング施設
・チェックイン/チェックアウト:15:00/10:00
・定員:最大4名(38平方メートル)
・料金:1泊2食・2万2150円から(消費税込)

●アクセスなど
・住所:京都府京丹後市弥栄町鳥取123(道の駅 丹後王国「食のみやこ」内)
 https://www.hotel-tango-kingdom.com/

Gallery西日本最大級の道の駅内にある1日1組限定のグランピング施設を【画像】で見る(4枚)

RECOMMEND