VAGUE(ヴァーグ)

冬の必須家電もおしゃれで選びたい! 重厚感と高級感を兼備した「黒のプレミアム加湿器」

ブラックに統一して上質感をアップ

 本体のベース部、給水タンク、吹き出し口と3つの円柱を組み合わせたデザインが特徴のカドーの超音波式加湿器「STEM(ステム) 630i」に、うるおいの気になる季節の到来に合わせて、限定モデル「ブラックプレミアム」が新たに追加された。

 本体の仕様は既存モデルとほぼ同じだが、限定モデルは本体カラーをブラックに統一している。このカラーリングを採用した理由について、カドーの広報担当者は次のように語る。

インテリアアイテムのように美しいフォルムの「STEM 630i」に、上質感をプラスした「ブラックプレミアム」モデル。床から約85cmの位置に配置された細い吹き出し口から、ミストを最大約1.2mの高さまで舞い上げる
インテリアアイテムのように美しいフォルムの「STEM 630i」に、上質感をプラスした「ブラックプレミアム」モデル。床から約85cmの位置に配置された細い吹き出し口から、ミストを最大約1.2mの高さまで舞い上げる

「全体のカラーをブラックに統一したことで、洗練された重厚感と落ち着いた高級感を表現しました。また、ベース部のトップパネルにはブラックアルマイト仕上げを採用しています。これらの変更により、安定感を感じていただけるとともに、さらなる上質感も追求しました」

●LEDの光の色で湿度を可視化

「STEM 630i」は、デザインだけでなく加湿性能やメンテナンスのしやすさにも配慮されている点が魅力だ。

 なかでも特徴的なのが、ベース部から伸びる細い吹き出し口。床から約85cmの位置に配置された吹き出し口から、ミストが最大約1.2mの高さまで舞い上がる。これにより、天井近くまでミストが到達しやすく、室内の空気の対流に乗ることで部屋をまんべんなく加湿する。加えて、毎時約600ミリリットルというパワフルな加湿能力により、部屋全体をすばやく加湿。部屋の湿度を自動で理想的な状態に保ってくれる。

 また、タンク内に投影されるLEDの光が、室内の湿度を知らせてくれる点もポイント。青く点灯すれば湿度約50%、緑色の場合は約30-50%、黄色は約30%以下で、赤く点灯した場合には、湿度に関係なくタンク内の水が不足している状態を示す。さらに限定モデルは、就寝時など光が気になる場合はLEDの消灯も可能だ。

 加えて、専用のスマホアプリを使うことで、部屋の温度と湿度の状態を確認したり、本体のオン/オフなどを操作できたりするほか、最長24時間のタイマー設定も簡単におこなえる。

 ちなみに給水の際は、タンク上部のフタをスライドさせて水を注ぎ込めるのもポイント。注ぎ口が高い位置にあるため立ったままのラクな姿勢で給水でき、給水タンクを運んだり、かがんで設置したりする必要がない。

 そのほか、超音波式加湿器特有の問題である“ホワイトダスト”を抑制するためのカートリッジを搭載。水道水に含まれるカルシウム成分が主要因となるホワイトダストを、高性能イオン交換樹脂を採用したカートリッジにより99%以上抑制する。

 インテリアアイテムのような美しいフォルムの「STEM 630i」に、さらなる上質感をプラスした「ブラックプレミアム」モデル。無骨なものや質実剛健なデザインが多い加湿器にあって、デザイン性を求めるユーザーにおすすめの1台だ。

●製品仕様
・価格:5万820円(消費税込)
・サイズ:約φ270×H855mm
・重量:約4.3kg
・タンク容量:約2.3リットル
・適応床面性:17畳(プレハブ洋室)/10畳(木造和室)

Gallery無骨なモデルが多い加湿器の常識を覆す「黒のプレミアムモデル」を【画像】で見る(4枚)

RECOMMEND