VAGUE(ヴァーグ)

美味さの秘密は底のギザギザ「肉の味に革命を起こす」至高の鉄板とフライパンはなぜ誕生した?

無数のトライ&エラーが導き出した“理想の焼き”

 愛知県にある老舗鋳物屋・石川鋳造から、「おもいのフライパン」シリーズの最新作「おもいの鉄板《頂-ITADAKI》」と「おもいのフライパン《頂-ITADAKI》」が登場。公式サイトにて先行予約がスタートした。

 構想3年、数百に及ぶ試作品をつくり、多くの失敗作を出しながらもついに完成した《頂-ITADAKI》シリーズ。鉄板やフライパンとは思えない底面の特徴的な形状は、無数の試作を繰り返すなかでようやくたどり着いた最適解だという。

独特な形状の底面により、肉をよりおいしく焼ける「《頂-ITADAKI》」シリーズ。無塗装の鋳物製で、手入れを適切におこなえば一生ものとして使える
独特な形状の底面により、肉をよりおいしく焼ける「《頂-ITADAKI》」シリーズ。無塗装の鋳物製で、手入れを適切におこなえば一生ものとして使える

“世界一”とも評されたフライパンの、さらに上を実現したシリーズ最新作は、なにを目指して開発されたのだろう? 開発背景を製造元である石川鋳造の代表・石川鋼逸さんはこう語る。

「もっと、もっと、お肉をおいしく焼けないか……すべての原点はこの思いでした。その思想を突き詰めて完成したのが『おもいのフライパン』です。しかしそれが誕生したあとも、さらにお肉をおいしく焼きたいという理想への探究心は収まりませんでした。そこで、3年以上にわたって徹底的に思案しなおし、さらに試行錯誤を繰り返しました。その結果、おいしく焼くためのポイントは、鉄板やフライパンと肉との接点にあるということを突き詰めることができたのです。こうして生み出したのが、今回の『《頂-ITADAKI》』シリーズなのです」

●調理器具の概念を覆す衝撃の形状“おもいの波動”

 石川さんが目指したのは、鉄板焼と炭火焼のいいとこ取りだったという。まずは均一に熱を伝え、肉表面の焼き目がカリッと仕上がるよう、業務用の鉄板を参考に鉄板とフライパンの厚みを全体的に計算しなおした。

 また、料理人が炭火を絶妙に調整しながら肉を焼くように、余分な油を適度に落としながら香ばしく焼き上げることも、肉をおいしく焼くポイントだと石川さん。

「とはいえ、ステーキや焼肉でよく使われている溝のある鉄板では、きれいな焼き目はつくものの、溝が太すぎて肉の表面が均一にパリッと焼けず、おいしさを逃してしまうという欠点がありました。

 そこで試作を繰り返し、新製品に搭載した“おもいの波動”と名づけた波状の底面を考案。これにより、鉄板焼と炭火焼のいいとこ取りができたのです。この形状なら、肉に限らず、サンマなどの焼き魚やウナギなども香ばしくおいしく焼けます。ご家庭でプロを超える焼き加減を実現できる、まさに理想的な鉄板とフライパンが完成しました」

 ベースとなる素材は、熱伝導率が高い上に蓄熱性にも優れる鋳物(いもの)。その特性である微細で不均一な凹凸面と、底にもうけた“おもいの波動“に肉をのせて熱すると、面ではなく無数の小さな凸状の点が肉に熱を伝えていく。とはいえ、鋳物をこうした形状にするのは非常に難しく、さらに量産のハードルも高かったという。

 ちなみに、今回の新製品を含めた「おもいのフライパン」シリーズは無塗装でつくられており、鋳物としての特性を100%引き出している。手入れを適切におこなえば基本的に買い替えは不要。一生ものとなるためサステナブルでもある。

 創業80年を超える同社が心血を注いでつくり上げ、鋳物技術の真髄を形にした「《頂-ITADAKI》」シリーズ。一般販売は2022年春の予定だ。

●製品仕様
☆おもいの鉄板《頂-ITADAKI》
・先行販売価格:2万900円(消費税込、以下同)
・定価:2万2000円
・素材:ダクタイル鋳鉄(無塗装仕上げ)
・サイズ(約):28cm
・使用可能熱源:ガス、IH、オーブン、直火など

☆おもいのフライパン《頂-ITADAKI》
・先行販売価格:2万900円
・定価:2万2000円
・素材:ダクタイル鋳鉄(無塗装仕上げ)
・サイズ(約):26cm
・使用可能熱源:ガス、IH、オーブン、直火など

 https://omo-pan.net/

Gallery「《頂-ITADAKI》」シリーズがお肉をおいしく焼ける秘密を【画像】で見る(4枚)

RECOMMEND