名前の由来を散りばめた特別仕様車! ルノー「トゥインゴ シグネチャー」登場

ルノーは2020年4月9日、コンパクトカー「トゥインゴ」の特別仕様車「トゥインゴ シグネチャー」を発売した。

「TWINGO」のデザイン文字を散りばめた特別仕様車

 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」に、特別仕様車「トゥインゴ シグネチャー」が追加された。

ルノー 新型「トゥインゴ シグネチャー」の外観

 ルノー・トゥインゴは、1992年に「TWIst」「sWINg」「tanGO」という3つの言葉に着想を得て名付けられた。

 そして、今回追加された特別仕様車は、この3つの言葉をイメージして「TWINGO」の文字をデザインしたタイポグラフィーを、専用サイドストライプ、シート、キッキングプレートに散りばめ、トゥインゴの個性と感性を際立たせたモデルとなっている。

 ボディと同色のサイドプロテクションモール(シグネチャーロゴ入り)や専用サイドストライプ、16インチアロイホイールやブルーの内装トリム(ダッシュボード、エアコンベゼル)、専用キッキングプレートやリアカメラなどが装備され、専用色のブルーオセアンMに、ルージュがアクセントとして配された内外装は、洗練された魅力にあふれ、トゥインゴ シグネチャーを特別な一台に仕立て上げた。

 ルノー トゥインゴ シグネチャーの価格(消費税込)は、214万円。初回生産は100台となる。

Gallery:【画像】「TWINGO」のデザイン文字を散りばめた特別仕様車ルノー新型 「トゥインゴ シグネチャー」を画像で見る(9枚)