オフロードの王者復活 ランドローバー新型「ディフェンダー」受注開始 日本専用仕様も設定

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2020年4月9日、ランドローバー新型「DEFENDER(ディフェンダー)」の受注を開始した。

ランドローバー史上もっとも頑丈なボディ構造を持つ新型「ディフェンダー」

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2020年4月9日、ランドローバー新型「DEFENDER(ディフェンダー)」の受注を開始した。

ランドローバー新型「ディフェンダー」。その走りはまさに「オフロードのキング」だ

 2019年11月1日には、先行予約モデル「ディフェンダー・ローンチエディション」を限定150台を発表。予約開始4日間で予定台数の150台を達成する人気ぶりで、急遽11月18日に期間限定モデル「ディフェンダー・スタートアップエディション」の予約受注を開始した。

 今回、受注が開始されるのはカタログモデル。先行予約モデルの好調な受注状況を鑑み、できるだけ早い納車を実現するために、人気の高いオプション装備をあらかじめ装着した日本専用となる5種類の仕様「CURATED SPEC(キュレイテッド・スペック)」を用意する。

 新型ディフェンダーには、2つのボディタイプ「90(ナインティ)」と「110(ワンテン)」を用意。「ディフェンダー90」は3ドアの5人乗り、「ディフェンダー110」は 5ドアの5人乗り、もしくは3列目を追加して5+2シートにすることができる。

 グレード展開はスタンダードモデルの「S」、「SE」、「HSE」のほか、製造開始から1年間限定の「FIRST EDITION」も用意されている。

 新型ディフェンダーのラインナップと価格は以下のとおり。

ディフェンダー90
・ディフェンダー 499万円(消費税込。以下同)
・ディフェンダーS 582万円
・ディフェンダーSE 648万円
・ディフェンダーHSE 730万円
・ディフェンダーFIRST EDITION 739万円

ディフェンダー110
・ディフェンダー 589万円
・ディフェンダーS、663万円
・ディフェンダーSE、732万円
・ディフェンダーHSE、812万円
・ディフェンダーFIRST EDITION 820万円

 ディフェンダー「キュレイテッド・スペック」は以下のとおり。

・ディフェンダー90 ファブリックシート仕様(ベースモデル:ディフェンダー) 542万5000円より
・ディフェンダー90 レザーシート仕様(ベースモデル:ディフェンダーSE) 690万円より
・ディフェンダー110 ファブリックシート&5人シート仕様(ベースモデル:ディフェンダー) 630万3000円より
・ディフェンダー110 ファブリックシート&7人シート仕様(ベースモデル:ディフェンダー) 683万7000円より
・ディフェンダー110 レザーシート&7人シート仕様(パノラミックルーフ付)(ベースモデル:ディフェンダーSE) 843万3000円

※ ※ ※

 ディフェンダーは、ランドローバーが1948年から製造する「ランドローバー」シリーズの純粋な後継モデルで、1990年にいまのディフェンダーに名称が変更されている。

 世界各国の排出ガス規制などの対応が困難になり、2015年にいちど生産が終了されたが、2019年9月に開催されたフランクフルト・モーターショーでワールドプレミアされた。

 新型ディフェンダーは、先代のラダーフレームから一転、軽量アルミニウムのモノコック構造の新しいアーキテクチャー「D7x」を採用。ランドローバー史上もっとも頑丈なボディ構造となっている。従来のラダーフレーム構造と比較して3倍のねじり剛性を確保し、軽量化も実現する。
 
 駆動方式はランドローバー伝統のフルタイム4輪駆動(AWD)。

 路面状況に応じて最適なサスペンション、トランスミッション、トラクションなどの車両設定を自動制御する「テレイン・レスポンス2」には、7種類のモード(コンフォート/芝生・グラベル・雪/泥地/砂地/エコ/ロック/ウェイド)があり、オンロードとオフロードの両方で卓越した走行性能を発揮する。

 またランドローバー初の機能「コンフィギュラブル・テレイン・レスポンス」で、用途や好みにあわせてドライバー自身がテレイン・レスポンスの設定をカスタマイズすることも可能になった。

 エンジンは、最高出力300ps・最大トルク400Nmを発生する2リッター直列4気筒INGENIUM ガソリンターボを搭載。これはジャガー・ランドローバーの他のモデルでも高い実績を誇るエンジンで、スタートストップや回生エネルギーの再利用など、最新テクノロジーがフルに採用されている。

 90はオプション、110は標準装備される電子制御エアサスペンションは、優れた快適性と走行性を実現する。

 標準高より40mm低い車高から、最大で標準車高プラス145mmまで、幅広い範囲で車高を設定することができ、スオフロードでの走破性を比類なきレベルまで引き上げる。最大渡河水深は900mmを実現しており、3Dサラウンドカメラとウェイドセンシングが水深の把握をサポートする。

Gallery:【画像】まさに荒地のスーパーカー! 新型「ディフェンダー」を画像で見る(17枚)