VAGUE(ヴァーグ)

シリーズ最高音質を実現「汚れたら水洗いもできる」アウトドアに最適なBluetoothスピーカー

携行性が向上した上に防水防塵対応へと進化

 ハーマンインターナショナルは、JBLブランドのポータブルBluetoothスピーカー「FLIP」シリーズの最新モデル「FLIP 6」を発売した。

「FLIP」シリーズは、片手で持ち運べるコンパクト設計ながら大容量バッテリーを搭載し、内蔵バッテリーでの長時間駆動が可能。その上、JBLならではのパワフルなサウンドを楽しめるとあって、ワイヤレススピーカーのなかでも圧倒的な人気を誇る。

片手で持ち運べる携行性の高さと、防水性と防塵性能によるタフネスにより、おうち時間からキャンプやビーチといったアウトドアシーンまで、場所を選ばず音楽を楽しめるJBL「FLIP 6」
片手で持ち運べる携行性の高さと、防水性と防塵性能によるタフネスにより、おうち時間からキャンプやビーチといったアウトドアシーンまで、場所を選ばず音楽を楽しめるJBL「FLIP 6」

 新しい「FLIP 6」は、従来モデル「FLIP 5」と比較して本体容積を94%へとコンパクト化し、モバイル性を向上させたのが特徴。それでいて内蔵バッテリーの容量は「FLIP 5」と同じ4800mAhを確保し、最長12時間以上の連続再生を可能にした。

 また、水深1mまで沈んでも大丈夫な防水性に加え、新たに防塵性能も搭載(IP67対応)。キッチンやお風呂のような自宅の水回りから、キャンプ場やビーチなど砂ほこりが気になるアウトドアシーンまで使える上に、汚れたら気軽に水洗いできる。

●よりパワフルなサウンドを奏でる

 前作に比べてダウンサイジング化された「FLIP 6」だが、本体を小さくしたことによる音質面への悪影響はないのだろうか? その点について、JBLのポータブルオーディオ担当・深江さんは、次のように胸を張る。

「よりコンパクトになった『FLIP 6』ですが、従来モデルから継承した44×80mmの楕円形ウーファーに加えて、中・高音域の伸びやかさと倍音成分を再現するために16mm径のツイーターを新採用することで、2ウェイスピーカー構成へと進化しています。さらに、低音域用のデュアルパッシブラジエーターのフレキシビリティを高めることで、ひと回り小さくなった筐体でもダイナミックな低音域からキレのある高音域まで、全域で音質をアップグレードできました。アウトドアでもパワフルなサウンドを楽しめますよ」

 加えて「FLIP 6」は、JBLのポータブルBluetoothスピーカーの多くが対応する“PartyBoost(パーティーブースト)”機能を搭載。これにより、複数台の対応スピーカーをBluetoothで接続可能となり、本体を2台つなぎステレオモードで立体的な音像を楽しめる。

 JBLサウンドをしっかりと継承・強化しながら、ボディのコンパクト化と防水防塵性の強化が図られた「FLIP 6」なら、おうち時間からキャンプやビーチといったアウトドアまで、場所を選ばず音楽を楽しめる。

●製品仕様
・価格:オープン価格
・サイズ:W178×D72×H68mm
・重量:550g
・連続使用時間:最長約12時間
・充電時間:約2.5時間
・対応プロファイル:A2DP 1.3、AVRCP 1.6
・定格出力:最大20W(ウーファー)、最大10W(ツイーター)

Galleryキャンプやパーティなどでも活躍するタフ仕様Bluetoothスピーカーを【画像】で見る(3枚)

RECOMMEND