VAGUE(ヴァーグ)

世界のカフェやバリスタが愛用するカップは素材に「コーヒー果実から生じた不要物」を使っています

世界50か国以上で愛されるサステブルなコーヒーカップ

 オーストラリアから、世界のカフェやバリスタたちも愛用するコーヒーカップ「HuskeeCup(ハスキーカップ)」が上陸した。50か国以上の国々で販売されている人気製品だが、多くの人に支持されている理由のひとつはサステナビリティだ。

「HuskeeCup」は、コーヒー豆が精製される過程で出る“コーヒーハスク”を原料のひとつとしている。これは、コーヒー果実から豆を取り出す際に生まれる外皮や殻のことで、通常は不要物として処分されるもの。「もし、そんな不要物を利用してすばらしいものをつくれたら?」という思いから形になったのが「HuskeeCup」だという。

シンプルで飽きのこないカラーとフォルム、そして表面の凹凸が特徴的な「HuskeeCup」。カラーバリエーションはチャコールとナチュラルの2種類
シンプルで飽きのこないカラーとフォルム、そして表面の凹凸が特徴的な「HuskeeCup」。カラーバリエーションはチャコールとナチュラルの2種類

「HuskeeCup」が誕生した背景や考え方について、オーストラリアのHuskee社は次のように述べている。

「カフェ文化が昔から進んでいるオーストラリアでは、1時間に10万個以上のコーヒーカップが消費されています。さらに同国内では、毎年約6万kgのコーヒーカップがゴミとなり、埋め立てられているという現実もあります。

 Huskee社は“Bring waste, Back to life(捨てられるものに命を吹き込む)”を企業理念にかかげ、世界中に『HuskeeCup』を普及させることで、カップから生じるゴミとコーヒーハスクの双方の削減に取り組んでいます」

●視覚的にも機能的にも優れたコーヒーカップ

 サステナブルというだけでなく、飲み手を意識してデザインされている点も「HuskeeCup」が世界50か国以上で愛されている理由だ。

 シンプルで飽きのこないカラーとフォルム、そして表面の凹凸(ストライプ加工)が特徴的。フィンと呼ばれる魚の背びれを思わせるこの加工は、溝があるため本体を直接持ったときに熱さを感じにくく、洗浄後に乾きやすいという機能性もあわせもつ。

 カップにはフタがついており、お気に入りのカフェでコーヒーをテイクアウトするのにも便利。また、フタをしていないときの見栄えを意識したデザインに加え、フタをした状態での飲み口の心地よさなど、見た目も実用性も考えてつくられている。

 ちなみにサイズは、容量約180ミリリットルの「6oz」、約230ミリリットルの「8oz」、約340ミリリットルの「12oz」を展開。

 使いやすく見栄えもいいサステナブルなコーヒーカップ「HuskeeCup」を使えば、毎日のコーヒーライフがより豊かになりそうだ。

●製品仕様
・価格:1980円−2420円(消費税込)
・サイズ:6oz、8oz、12oz
・カラー:チャコール、ナチュラル

Gallery【画像】見栄えがよくて機能性も上々のサステナブルなコーヒーカップとは(5枚)

RECOMMEND