VAGUE(ヴァーグ)

サブスクからラジオやレコードまで「多彩なソースの音を高音質で聞かせる」AVサラウンドレシーバー

7.2chのリアルな立体音響の環境を構築できる

 デノンから、7.2ch(チャンネル)のAVレシーバー「AVR-X1700H」が登場した。立体音響を実現するオブジェクトオーディオの“Dolby Atmos(ドルビーアトモス)”や“DTS:X(ディーディーエス・エックス)”に対応。6系統のHDMI入力を搭載し、うち3系統は8K/60pと4K/120pに対応する。加えて本機は、HDMI出力を1系統有するほか、定格出力80W+80W、実用最大出力175Wを実現するなど、贅沢な仕様となっている。

 一般的に、スピーカーのチャンネル数が増えるほどリスナーが感じる音の空間は広がり、音の奥行き感や臨場感が増していく。なかでも、いまもっとも一般的なサラウンドシステムが7.1chだ。前後、左右、中央、サブウーファーという5.1chに、後方にふたつのスピーカー(サラウンドバックスピーカー)を追加した構成。後方スピーカーがプラスされることにより、水平方向の音のつながりが一段と自然になる。

5.1chにふたつの天井スピーカーを追加する7.2ch構成にも対応し、水平方向だけでなく垂直方向のサラウンド感も追求できるデノンのAVサラウンドレシーバー「AVR-X1700H」
5.1chにふたつの天井スピーカーを追加する7.2ch構成にも対応し、水平方向だけでなく垂直方向のサラウンド感も追求できるデノンのAVサラウンドレシーバー「AVR-X1700H」

 しかし「AVR-X1700H」が対応するのは7.2ch。これは5.1chにふたつの天井スピーカーを追加する構成で、水平方向だけでなく垂直方向のサラウンド感も高められる。“Dolby Atmos”や“DTS:X”など最新の立体音響に対応できる仕組みで、たとえば、目の前でヘリコプターが飛び立つシーンなどをよりリアルに再現できる。また、音楽だけでなく映画やドラマ、ゲームの視聴時にも、映画館に迫る臨場感を味わわせてくれる。

 とはいえ、住環境によっては7.2chのスピーカー配置が難しいというケースも多い。そうしたユーザーのために、「AVR-X1700H」は“バーチャル3Dサラウンドテクノロジー”を搭載。天井のハイトスピーカーやサラウンドスピーカーがない環境でも、高さ方向を含むあらゆる方向からのサウンドに包み込まれるような没入感を実現する。

●イマドキ必要な規格にすべて対応

 昨今、ストリーミングやサブスクリプションなど、音楽や映像を楽しむ環境は目まぐるしく変化している。「AVR-X1700H」はそうした環境の変化にもしっかり対応できるAVレシーバーだ。この点について、デノンの広報担当は次のように語る。

「昨今、高品位な音楽や映像コンテンツを配信するサービスが普及し、それに対応するテレビやスマートフォン、音楽プレーヤーが増えています。それら再生フォーマットや再生機の進化により、AVサウンドレシーバーに求められる規格も増えています。

 たとえば映像関連では、“Dolby Atmos”や“DTS:X”、8K/60Hzや4K/120Hzといった映像信号のパススルーなどがそれに相当します。こうした再生機でデファクトスタンダードになるであろう規格に、いち早く対応したのがこの『AVR-X1700H』なのです」

 音楽面でも「AVR-X1700H」はAmazon Music HDやSpotify、AWA、SoundCloudなどの音楽ストリーミングサービスや、インターネットラジオのTuneIn、5.6MHz DSDといったハイレゾ音源に対応。さらに、ネットワークオーディオのプラットフォーム“HEOS”も搭載しており、単体で使える同社のネットワークスピーカー「Denon Home 150」や「Denon Home 250」などを「AVR-X1700H」を含めたネットワークシステムに組み込める。

 また「AVR-X1700H」は、あらためて価値が見直されているFM/AMラジオチューナーも搭載。最大56の放送局をプリセット登録可能なほか、ワイドFMにも対応しているため安定したいい音でAM放送を楽しめる。

「AVR-X1700H」は、ストリーミングやサブスクによる音楽や映像だけでなく、ラジオやレコード、CDなど、多彩なコンテンツを最良サウンドで届けてくれるAVサラウンドレシーバー。よりリッチなサウンドに満たされたいという人は、ぜひチェックしてほしい良品だ。

●製品仕様
・価格:7万7000円(消費税込)
・サイズ:W434×D339×H215mm(アンテナを立てた状態)
・質量:8.6kg
・定格出力:80W+80W(実用最大出力:175W)
・適合インピーダンス:4-16Ω
・周波数特性:10Hz-100kHz
・音声入出力端子:アナログ音声入力×2、PHONO入力(MM)×1、光デジタル入力×2、サブウーファープリアウト×2、ヘッドホン出力×1(フロント)

Gallery多彩なコンテンツを上質なサウンドで楽しめるAVサラウンドレシーバーを【画像】で見る(6枚)

RECOMMEND