VAGUE(ヴァーグ)

「カセットテープをMP3に」ナウい80年代風ラジカセがエモい!

カセットテープ音源をデジタルに、デジタル音源をカセットテープに

 近頃カセットテープが人気となっている。レトロさがいいということらしいのだが、若かりしころ、NHK以外には1局しかなかったFM放送で流れる音楽をエアチェックし、カセットテープに録音していた世代としては、CDのほうが音質はいいし、MP3は手軽で何万曲も持ち歩けるし、そのうえテープが伸びたり絡まったりしないのに、どうして不便なカセットテープがブームなのか不思議である。

押し入れに眠っているカセットテープの音源を、MP3フォーマットでUSBメモリー/マイクロSDカードに録音が可能だ
押し入れに眠っているカセットテープの音源を、MP3フォーマットでUSBメモリー/マイクロSDカードに録音が可能だ

●Z世代にはエモいラジカセ

 しかし考えてみれば、メカ的な面白さという意味では、現在の方がつまらないという気持ちも正直にいえばある。クルマのエンブレムもそうだが、いろいろなデザインがフラットをキーワードとしたものに変わりつつあるという風潮は、シンプルでいいねとは思いつつも面白みは感じられない。

 ちょっと喩えは違うかもしれないが、アナログメーターがずらっと並んでいた時代の航空機のコックピットに憧れた世代が、現代のグラスコックピットを見ると、たしかに見やすいけど味気ないと感じるのに近いのかもしれない。

 たしかに、ウルトラ警備隊基地やサンダーバードの基地の司令室の壁一面にあるような、役割が分からないライトが数多く点滅しているようなメカメカしい雰囲気というのは、いま見直してみると味がある。それを現役として知っている世代は古いと感じるだろうが、実際に触れたことがない若い世代にとっては、新鮮に感じられるのだろう。

 そんな新鮮さを求めて、これまでさまざまな面白い製品を開発してきたドウシシャが発売したのが「ORION Bluetooth機能搭載 ステレオラジオカセットSCR-B5」だ。

 80年代のラジカセをイメージしてつくられたこの製品は、その名のとおりのラジカセである。加えてAM/FMワイドバンドに対応していたり、USBメモリーやマイクロSDカードでのMP3録音・再生も可能。カセットテープ部にはセミオートマチック機構を採用していて、Bluetooth接続したスマホなどの音源や内蔵マイクの音源をテープに録音できるようになっている。もちろん、カセットテープやラジオの音源をUSBメモリーやマイクロSDカードにMP3として録音することも可能だ。

USBメモリー/マイクロSDカードの再生と録音が可能
USBメモリー/マイクロSDカードの再生と録音が可能

 ドウシシャの開発者に、どうして「ステレオラジオカセットSCR-B5」を開発するに至ったかを尋ねてみた。

「アナログレコードやカセットテープが最近静かなブームになっています。音楽業界も従来のCD販売からネット配信へと移り変わる中で、各音楽レーベル社も人気アーティストの新作アルバムをアナログレコードLP盤やカセットテープアルバムを続々発表、販売をしています。

 それらは昭和世代にとっては古く懐かしいメディアですが、Z世代や若い方には初めて目にし、手にする新しいメディアとして映っています。しかし彼らは、好きなアーティストアルバムをLPレコードやカセットテープで購入しても再生する機器を持っていません。そこで、レコードプレーヤーは各メーカーから入門機も含め、ここ数年たくさん製品化されています。

 しかしながらカセットプレーヤーはどうかいうと、数社が販売をしていますが、その製品コンセプトにあるのは『カセット=高齢者が使うもの』という考え方で、ボタンが大きく、日本語表記で操作が簡単な製品しかないのが実情です。簡単にいえば“かっこいいもの”がありません。

 そこで弊社は2018年に80年代ラジカセを意識したBT機能搭載ステレオラジカセを発売ました。今回の製品は80年代ラジカセ第2弾として、70、80年代に主流であった大型サイズの製品としました」

 カセットテープドライブ下部には、サウンドの強弱に合わせて光るLEDピークレベルメーターを装備。いかにも当時のラジカセ風だが、やはりこういうギミックがあると正直に楽しい。

 ドウシシャのオンラインストアでの販売価格(消費税込)は1万3800円。押し入れの奥に眠っているカセットテープがあるという人は、これを使ってデジタル音源化しておくというのもありではないかと思うのだ。数年前、引っ越しの際に古いカセットテープをすべて処分してしまった者として、心からオススメしたい。

●製品仕様
・商品名:ORION Bluetooth機能搭載 ステレオラジオカセット
・型番:SCR-B5
・価格(消費税込):1万3800円
・サイズ(約):本体/幅388×奥行125×高さ202mm(突起物含む)
・質量(約):2.35kg
・電源:AC100V 50/60Hz、単1形乾電池4本(DC6V)
 https://www.doshisha-av.com/orion/audio.html

Gallery【画像】ナウかったラジカセがいまエモい! インテリアにも最適な80年代デザインとは(8枚)

RECOMMEND