VAGUE(ヴァーグ)

2021年仕様のトゥミ「リミテッドエディション」はサステナブル素材がポイントです

耐久性に優れたリサイクル素材を採用

 ビジネスバッグやキャリーケースなどを展開する人気ブランド・TUMI(トゥミ)から、日本限定コレクション「リミテッド エディション 2021」が登場。ブリーフやトートをはじめ、さまざまなシーンに対応した全6型をラインナップする。

 毎年、ホリデーシーズンに日本限定で発売される「リミテッド エディション」。2021年版は、拡大するトゥミのサステナビリティへの取り組みの一環を担い、内外装に工場等の製造工程で発生する廃棄物からつくられたリサイクルバリスティックナイロンや、ペットボトルから再生されたrPET素材などを採用しているのが特徴だ(小物を除く)。

毎年、ホリデーシーズンに日本限定で発売されるTUMIの日本限定コレクション「リミテッド エディション 2021」。今作の特徴はリサイクル素材の活用で、さまざまなシーンに対応した全6型をラインナップ
毎年、ホリデーシーズンに日本限定で発売されるTUMIの日本限定コレクション「リミテッド エディション 2021」。今作の特徴はリサイクル素材の活用で、さまざまなシーンに対応した全6型をラインナップ

 同社がサステナブル素材を積極的に取り入れる理由とその企業理念について、トゥミジャパンのマーケティング部・石井清美さんは次のように話す。

「トゥミは、耐久性を重視したデザインや、リサイクルポリカーボネイト素材を採用したラゲージコレクション、そして、一部のスタイルにおけるリサイクル素材の使用により、地球への影響を最小限に抑えることに取り組んでいます。

 環境に配慮した素材を用いたクラシックかつタイムレスなデザインの『リミテッド エディション』は、高い耐久性を備えており、長年使用できるコレクションとなっています。私たちは、バッグのライフスパンを長くすることも廃棄物を減らすことにつながると考えています」

●ビジネスをサポートする珠玉のアイテム

 ここからは「リミテッド エディション 2021」を代表する3型を見ていこう。

 新スタイルの「トート」は、日本人が使いやすいサイズ感に設計されたオンオフ使用できるエクスクルーシブなデザインが特徴。安全性の高いファスナー開閉のコンパートメントには、ノートパソコンとタブレットをそれぞれ収納できるパッドで保護されたスペースを備え、フロントにはビジネス小物の収納に適したU字ポケット、背面にはキャリーにセットアップできるスリーブを装備している。

 サイドポケットをはぶいたすっきりとしたデザインの「スリム・エクスパンダブル・ブリーフパック」は、しっかりとしたマチ幅を備えたビジネス対応のバックパック。マチ幅を拡張できるエクスパンダブル機能により、ノートパソコンやタブレットなどの電子機器はもちろんのこと、ビジネス書類やランチボックスも収納できる。身体への負担を軽減するメッシュ素材を使用したクッション性の高いバッグ背面やショルダーストラップ、満員電車のなかでスマートに持てるトップハンドルなど、快適な移動のためのディテールも見逃せない。

「エクスパンダブル・オーガナイザー・ブリーフ」は、シングルコンパートメントのスリムブリーフ。メインコンパートメントの前後に使い勝手のいいオープンスペースを装備し、さらに荷物の量に応じてマチ幅を拡張できるエクスパンダブル機能を備えている。

●製品仕様
☆トート
・価格:5万5000円(消費税込、以下同)
・サイズ:H32.5×W45.5×D13.25cm

☆スリム・エクスパンダブル・ブリーフパック
・価格:7万8100円
・サイズ:H42×W32×D14(20)cm

☆エクスパンダブル・オーガナイザー・ブリーフ
・価格:7万4800円
・サイズ:H32×W40.5×D9(13.25)cm

Gallery洗練されたデザインも魅力の2021年版トゥミ日本限定コレクションを【画像】で見る(4枚)

RECOMMEND