VAGUE(ヴァーグ)

あの休暇村が絶景を望めるワーケーション施設「リゾワテラス」を全国展開する理由

絶景×リゾート×ワークで仕事が充実

 国立・国定公園のある豊かな自然環境のなかで宿泊施設を展開する休暇村が、大自然の絶景を望む屋外型ワークスペース「リゾワテラス」を全国8か所の施設に順次オープンさせる。ウィズコロナやアフターコロナにおける柔軟なワークスタイルで注目される“ワーケーション(ワーク+バケーション)”のさらなる広がりを見据えた新たな試みだ。

 2021年9月の妙高(新潟)を皮切りに、裏磐梯(福島)、蒜山高原(岡山)、嬬恋鹿沢(群馬)の「リゾワテラス」が続々とオープンしたほか、同11月には瀬戸内東予(愛媛)、指宿(鹿児島)の各休暇村ホテル内に完成。北海道から九州まで、あわせて35か所ある休暇村のうち、2022年2月までを目途に南伊豆(静岡)と那須(栃木)を加えた全8か所でのオープンを予定している。

柔軟なワークスタイルで注目されるワーケーションのさらなる広がりを見据え、休暇村が全国8か所の施設に順次オープンさせる屋外型ワークスペース「リゾワテラス」
柔軟なワークスタイルで注目されるワーケーションのさらなる広がりを見据え、休暇村が全国8か所の施設に順次オープンさせる屋外型ワークスペース「リゾワテラス」

 休暇村は1961年の創業以来、自然豊かな国立公園や国定公園などに隣接するリゾートを展開。宿泊施設の提供のみならず、新鮮な地元食材を生かした料理、自然とふれあえるアクティビティなど、その土地ならではの魅力を楽しめる多彩な旅行プログラムの提案をおこなってきた。

 仕事や勤務を休むことを意味する“休暇”の名を冠するリゾート施設が、ワーケーション支援のための「リゾワテラス」を全国に展開するのはなぜか? 休暇村の広報担当・黒田真代さんは次のように語る。

「密を避ける、コロナ疲れを癒やすなどの観点から、リフレッシュしながら働けるリゾート地でのワーケーションは仕事と遊びの充実に最適です。自然豊かな国立・国定公園にある休暇村では、“絶景×リゾート×ワーク”をコンセプトに、屋外型のワークスペースである『リゾワテラス』をオープンする運びとなりました。そこには、大自然の絶景を目の前に、自然の音、風、空気を直接、肌で感じてリフレッシュしながら、快適に仕事へ取り組んでいただきたいとの思いを込めました。

 ウィズコロナやアフターコロナにおいて、働く時間や場所を自由に選択するフレキシブルなワークスタイルはますます広がりを見せると思います。『仕事も遊びも休暇村で』をキャッチフレーズに、国内8か所の拠点に『リゾワテラス』を展開し、休暇村ならではのワーケーションのスタイルを提案してまいります」

「リゾワテラス」のある休暇村ホテル内にはWi-Fi環境が完備されているほか、モバイルバッテリーの無料レンタルや有料のコピー・FAXのサービスなども整う。また、ソーシャルディスタンスを考慮したデスクやイスの配置、パーティション設置による飛沫防止対策、こまめな消毒とマスク着用の徹底など、コロナ禍でも安心・安全に働ける環境を提供している。

●ロビー・客室・隣接キャンプ場でも仕事がおこなえる

 Wi-Fi環境が整った休暇村ホテルでは、「リゾワテラス」のほか、ロビーや客室でも仕事をおこなえる。その日の気分や天候、業務内容などに応じてワークスペースを選択できるのだ。

 瀬戸内東与、指宿を含む5施設では、隣接するキャンプ場での宿泊やワーケーションも可能。足湯につかりながら、敷地内の東屋で涼みながらなど、多彩なワークスタイルを選べる施設もある。仕事をしたりリゾートを満喫したりするのは自由自在だ。

 新しい働き方が普及するなか、「リゾワテラス」の多彩なワーケーションスタイルを活用し、仕事も遊びも充実させたい。

☆休暇村 瀬戸内東与
●施設概要
・料金形態:洋室ツイン1万1500円から/1泊1名(消費税込、以下同)
・備品:Wi-Fi完備、モバイルバッテリー無料レンタル、コピー・FAX(有料)

●アクセスなど
・住所:愛媛県西条市河原津
・アクセス:JR今治駅より瀬戸内バス 河原津経由新居浜行きで約30分

☆休暇村 指宿
●施設概要
・料金形態:ワーケーションプラン1万3200円から/1泊1名
・備品:Wi-Fi完備、モバイルバッテリー無料レンタル、コピー・FAX(有料)

●アクセスなど
・住所:鹿児島県指宿市東方10445
・アクセス:JR指宿駅から休暇村送迎バスにて約10分

Gallery全国8か所の休暇村にオープンする「リゾワテラス」を【画像】で見る(9枚)

RECOMMEND