VAGUE(ヴァーグ)

海辺のステイを「優雅かつカジュアルに楽しめる」新スタイルの宿泊施設が千葉・鋸南町に誕生

大人の自由旅が実現する“スマートグランピング”

 首都圏近郊のリゾート地として名高い千葉県・南房総エリアの鋸南町に、グランピングの魅力を活かした新しいスタイルの宿泊施設「amane」が開業した。

「amane」のコンセプトは、宿泊客が滞在を自由にセルフプロデュースする“スマートグランピング”。理想的な海辺のリゾートを満喫できる優雅な空間と、充実した設備がそろっているが、それらをどうアレンジするかを宿泊客の好み次第で決められる。

新たに鋸南町に開業した宿泊施設「amane」のオーシャンテラスからは、天気のいい日には東京湾越しに美しい富士山や伊豆半島などの絶景を眺められる
新たに鋸南町に開業した宿泊施設「amane」のオーシャンテラスからは、天気のいい日には東京湾越しに美しい富士山や伊豆半島などの絶景を眺められる

 この宿のコンセプトについて、「amane」をはじめ、同町で宿泊施設を多数展開する紀伊乃国屋グループの広報・薄井さんは次のように語る。

「昨今の世情により、当グループが手がける宿泊施設の予約にも影響が生じましたが、実は露天風呂つき客室のニーズについては大きな影響を受けませんでした。こうした状況をかんがみて、“旅行には行きたいけれど、他の宿泊客との接触は極力避け、親しい仲間や家族だけで過ごしたい“というニーズが主流になっていくのではないか? と考えました。そこで『amane』では、自由に過ごせてプライベートを重視するというコンセプトを掲げたのです。

『amane』の魅力はそうしたプライベートスタイルだけではありません。食事の提供も、従来はひと品ずつ料理を運び、お客さまと接触する方法でしたが、『amane』では初めて、食事の温めなど最後の仕上げをお客さまにおまかせするスタイルを採用しました。そのため、お客さまご自身のタイミングで、安心してお食事を楽しんでいただくことが可能になりました」

●海辺ステイを満喫できる3タイプの豪華なコンドミニアム

「amane」は12室ある部屋のすべてが1棟貸切タイプ。それぞれに本格的なシステムキッチンと大型冷蔵庫を備えたコンドミニアムで、専用テラスとガーデンを備えている。ダイニング、テラス、バスルームなど、寝室以外はいずれも日本の土間感覚でしつらえられており、靴のまま利用できるのも特徴だ。

 部屋は3タイプが用意される。

 海側に全8室あるフラットルームは、海とつながる専用ガーデンつきコンドミニアム。カナリヤシの中庭を囲んで建ち、コンクリートと木のたたずまいがクールななかにも温かな雰囲気を醸す。室内は、天窓のある高い天井が解放的な空間を演出。大理石のテーブルが印象的なダイニングの奥には、そのままビーチへとつながるテラスとプライベートガーデンがつづいている。

 海辺の散歩やマリンアクティビティを楽しんだ後は、テラスからシャワーブースのあるバスルームへ直行可能。大きなガラス越しに海を眺めながら、贅沢なバスタイムを満喫するのもいい。

 1棟だけのプレミアムフラットルームは、いま人気のサウナのなかでも話題となっている、北欧生まれのエストニア製バレルサウナを備えたコンドミニアムだ。“バレル”とは樽(たる)のことで、樽型のユニークな姿が目を引くバレルサウナは、天井部が円形のため熱まわりに優れ、ロウリュ(サウナストーンに水をかけること)の熱風が効率的に循環し、気持ちいい発汗をうながしてくれる。

 サウナの隣には、水風呂と外気浴を楽しめる整い場も併設。サウナからテラス、さらにシャワーブースのあるバスエリアまでは、スムーズに移動できる機能的な導線だ。ビーチへつづくテラスから、そのまま海へ飛び込む憧れのルーティーンもかなう仕様となっている。

 そして、愛犬といっしょに宿泊できるメゾネットルームは3棟が用意される。愛犬にもリラックスしてほしいと考えられたレジデンスには、専用のドッグランを完備。半露天にもなるジャグジーつきのバスからは、庭で遊ぶ愛犬の姿を眺めながらバスタイムを過ごせる。

 2階のルーフテラスには、家族の語らいに心地いい広いカウンターを用意。また、1階フロアは愛犬が自由に走り回れるタイル仕様で、テラスには外水道もあるため浜辺で思い切り遊んでも安心だ。

●自由に過ごすためのサービスも充実

「amane」には、より魅力的な滞在のために、さまざまな設備やサービスが用意される。

 たとえば、フロントに用意されるレンタサイクルは、近所へ買いものに出かけたり、海辺でサイクリングを楽しんだりするのにおすすめ。また、施設から自転車で数分の距離にある姉妹館「ゆうみ」では、展望貸切露天風呂やエステといったラグジュアリーなオプションも楽しめる。

 さらに「amane」には、シグネチャープレイスともいえるオーシャンテラスが存在。天気のいい日には東京湾越しに富士山を遠望でき、伊豆半島や伊豆大島など太平洋の絶景も広がる。テラスではセルフスタイルでお酒やドリンクを楽しめるほか、オープンエアシアターとして映画の上映も随時開催される予定だ。

 食事は各部屋へと届けられ、好きなタイミングで味わえる。料理は、地元でとれた旬の魚介類をつかった具だくさんのブイヤベースや丸鶏のグリルなど、華やかなパーティメニューが並ぶ。さらに、季節に応じてシェフが仕立てる前菜やサラダ、またバーベキュー用の豪快な牛肉や豚肉などの食材一式も用意される。これらをキッチンで温めたり、バーベキューコンロで焼きあげたりしながら、できたてを堪能したい。

 ちなみに、各部屋に設置してある冷蔵庫内のソフトドリンクは、すべてインクルーシブ。到着時にはウェルカムオードブルとフルーツも庫内に用意される。

 また愛犬用の食事は、健康を考慮した専用メニューを用意。ティピテントや衛生用品など、飼い主の目線から選んだこだわりのグッズも取りそろえている。

 優雅な“静”のくつろぎと、心おどるハイグレードな“動”のカジュアルさを心地いいバランスでミックスした「amane」。ここはまさに、大人のハイブリッドリゾートだ。

●施設概要
・客室数:12部屋(専用キッチンつきコンドミニアム)
・付帯施設:展望テラス

●アクセスなど
・所在地:千葉県安房郡鋸南町元名1016
・電話:0470-55-1000(9:00-21:00)
 https://www.awa-amane.com/

Gallery【画像】宿泊客が滞在をセルフプロデュースできる「amane」の魅力とは(7枚)

RECOMMEND