VAGUE(ヴァーグ)

「コスプレはアニメだけじゃない!」正統なクラシックカーイベント「サイドウェイ・トロフィー」の楽しみ方とは

グッドウッド・リバイバルの日本版を目指してスタートしたイベントとは?

 日本国内では新型コロナウイルス禍に一時的にでも収束の兆しが見え始めた2021年の秋は、クラシックカーのイベントも一気に復活したかに映る。

 今回はそんなイベントのひとつ、2021年11月28日に千葉県のサーキット「袖ヶ浦フォレストレースウェイ」を舞台としておこなわれたレースイベント「フェスティバル・オブ・サイドウェイ・トロフィー」を紹介しよう。

「ティントップ・カップ」でし烈なバトルを展開するミニ・クーパーたち
「ティントップ・カップ」でし烈なバトルを展開するミニ・クーパーたち

●目指すは英国「グッドウッド・リバイバル」

 話はいきなり日本国外へと飛んでしまうが、読者諸兄は「グッドウッド・リバイバル・ミーティング」という、イギリスの超人気イベントをご存じだろうか?

 毎年7月に開催される世界最大級の自動車のお祭り「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」の姉妹イベントとして、毎年9月におこなわれている「グッドウッド・リバイバル」は、1920年代から1960年代にレースで活躍した珠玉の2輪車/4輪車が、本気のレースをおこなうイベント。会場はかつてF1GPに使用されたこともある、グッドウッド・サーキットが使用される。

 また、レースに参加するエントラントやスタッフのみならず、観戦のために集うギャラリーに至るまで、サーキットを走るクルマたちの年代に相応しいクラシックなスタイルで「コスプレ」を楽しむほか、サーキット周辺も古き良き英国のサーキットにタイムリープしてしまったかと錯覚を覚えてしまうような設えとなる。

 まるで期間限定のテーマパークのような雰囲気が横溢し、世界一お洒落でカッコいいサーキットイベントとして、あらゆるエンスージアストから敬愛されている。

 そしてこの「グッドウッド・リバイバル」に魅了され、日本版を創りだそうと夢見るエンスージアスト有志のチャレンジとして誕生したのが「サイドウェイ・トロフィー」なのだ。

 2009年、筑波サーキットでおこなわれるクラシック・ミニのレースイベント「ジャパン・ミニ・デイ」の走行枠を借りるかたちでスタート。その後、現在の袖ヶ浦フォレストレースウェイに舞台を移した「フェスティバル・オブ・サイドウェイ・トロフィー」として独立を果たし、今では「春」と「冬」毎年2回がおこなわれる恒例の人気イベントとなっている。

 それまで日本国内で盛んにおこなわれていたクラシックカー・レースは、絶対的な速さを追求するあまり、現代的なチューニングや改造をおこなうとともに、「Sタイヤ」と呼ばれるレーシングラジアルタイヤを履くことによって、それぞれクルマ本来の雰囲気が大幅に損なわれてしまったかに映っていた。

 また、レースカーを送り出すチューニングショップのPRも兼ねた、やたらと派手なカラーリングやグラフィックも横行していたことから、あくまで私見ながら見た目の魅力は大幅に低下していたように思われる。

「エバーグリーン・カップ」のロータス・エラン勢
「エバーグリーン・カップ」のロータス・エラン勢

 そのアンチテーゼとして誕生した「サイドウェイ・トロフィー」では、参加資格を原則として1969年までに製造されたモデル(継続生産車含む)とするところまでは従来の旧車レースと同じながら、オリジナルの持ち味や現役当時の雰囲気を壊すような改造を禁止。キャブレターなどのメカニズムも、当時のものと同スペックであることが求められる。

 そしてもっとも重要なこだわりがタイヤ。使用が許されるのは、昔ながらのダンロップ社製バイアスレーシングタイヤ「CR65」のみと規定されている。

 サイドウェイ・トロフィーの公式HPには、以下の文言が記されている。

「SIDEWAY TROPHYは順位とラップタイムだけにとらわれず、エントラントやゲスト、スタッフまでもがGOODWOOD REVIVAL MEETINGをリスペクトし、誰もがこだわりの衣装やスタイルを意識することであの雰囲気を作り出していくことを最大の目的としています」

 もともと日本のクラシックカー・レース界では、ある意味亜流だったはずのサイドウェイ・トロフィーながら、オーガナイザーたちによるこれらの確固たる信念が、現在の地位を築き上げる最大の要因になったかと思われるのだ。

Next参戦者だけでなく観客もコスプレしてサーキットを楽しむ
Gallery【画像】1960年代にタイムスリップしたような「サイドウェイ・トロフィー」とは(36枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND