VAGUE(ヴァーグ)

「150万円で気分はマックイーン」ガレージに「ポルシェ917」風チルドレンズカーはいかが?

映画『栄光のル・マン』でもおなじみのポルシェ「917」

 自動車趣味界、富裕層におけるこの10年ほどの傾向として、もともとは子供を乗せて走ることを目的とした「チルドレンズ・カー」の高級化、あるいはコレクターズアイテム化が進行しているのは、これまでVAGUEでもお伝えしてきたとおりである。

 とくに昨年以降は新型コロナ禍による「Stay Home」が定着したせいか、自宅ガレージのコレクションを充実させたいとするエンスージアストが格段に多くなっているそうで、「オートモビリア」と呼ばれる自動車関連アートやアンティークグッズなどのマーケットも世界レベルで好況を呈している。その一環として、国際オークションにおけるチルドレンズ・カーも、重要なアイテムとして取引されているようだ。

 今回は2021年11月6日、クラシックカー/コレクターズカーのオークション業界における世界最大手、RMサザビーズが英国本社を拠点として、リアル対面型/オンライン併催でおこなったオークション「LONDON」に出品された「小さなポルシェ917」のオークションレビューをお届けすることしよう。

  • 実車の70%のスケールで製作されたチルドレンズ・カー(C)2021 Courtesy of RM Sotheby's

●ポルシェ917がレジェンドとなった理由とは?

 オークションに出品されたチルドレンズ・カーの本題に入る前に、まずはモデルとなったオリジナルのポルシェ「917」について、軽くご説明させていただきたい。

 1967年シーズンの閉幕後、FIA世界スポーツカー選手権に新しいレギュレーションが施行され、25台の最小生産数をカバーすれば排気量5リッターまで可能とする新カテゴリー「グループ5」が設定。そこでポルシェは、同社としては初めてル・マン総合優勝を狙えるニューマシンの開発に踏み切ることとした。

 その結果として1969年のル・マンでデビューしたのが、もはや伝説と化している「レン・シュポルト(レーシングスポーツカー)」の917。空冷フラット12気筒エンジンを搭載し、その最高出力は初期の4.5リッター版でも520ps、1970年シーズン以降投入された5リッター版では580psに達していた。

 そして最大の目標であるル・マン24時間レースでは、「ラングヘック(ロングテール)」と呼ばれる「917LH」を擁した1969年のデビューイヤーこそリタイヤに終わったものの、翌1970年にはテールを短くカットして運動性能を高めた「917K」を投入。長らく小排気量クラスのトップにありながら総合優勝は果たせないでいたポルシェに、ついに記念すべき初勝利をもたらすことになる。

 1970年6月中旬におこなわれたル・マン24時間レースにて、343ラップ、4607.81kmを走破したハンス・ヘルマン/リチャード・アトウッド組の操る「ポルシェ・ザルツブルク」の917K(レーシングナンバー23)が、みごとトップでフィニッシュラインを通過。

 また、2位にはジェラール・ラルース/ヴィリー・カウゼン組のマルティーニ917Kが続き、3位にもグループ6の「908/02」が入賞した結果、ポルシェの記念すべきル・マン初制覇は輝かしい1-2-3フィニッシュとなったのだ。

 このあとポルシェはターボチャージャー過給へとシフトしてゆくために、結果としてポルシェ史上最大のシリンダー数である12気筒エンジンを搭載(16気筒エンジンも試作されたが、実戦投入はなかった)したのは、917シリーズが最初で最後。それが現在においても917を神格化している、大きな理由であろう。

 しかし、スティーヴ・マックイーンの制作・主演によって1971年に公開された映画『栄光のル・マン(原題:Le Mans)』において格別の存在感を示したことも、素晴らしいレースヒストリーとともに、ポルシェ917を「レジェンド」と呼ばれる存在に至らしめた要因であるのは間違いあるまい。

NextOHVエンジンを搭載したポルシェのチルドレンズ・カーとは
Gallery【画像】ル・マン24時間の興奮が蘇るチルドレンズ・カー(22枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND