VAGUE(ヴァーグ)

「SAKE女の会」と「豊島屋本店」がコラボ! 東京産スパークリング日本酒をテイスティングしました

日本のお祝い事には日本酒で乾杯! 東京産スパークリング日本酒が500本限定で登場

 グラスに立ち上る泡を見ていると華やかな気持ちになり、乾杯には欠かせないシャンパン。和食にも合わせやすいことから、国際的なイベントが日本で開催されるときもシャンパンが採用されている。

 ただ、日本の行事なら日本らしいスパークリングが合うのではないかと「一般社団法人日本のSAKEとWINEを愛する女性の会(以下、SAKE女の会)」が、「豊島屋本店」とのコラボで、世界で唯一無二の東京産によるスパークリング日本酒が誕生した。

 発泡タイプの日本酒は、最近見かけるようになったが、東京産にこだわったスパークリング日本酒とはいったいどのようなものなのか、コンラッド東京で発表および試飲会が開催されたのでさっそく参加、試飲したレポートをお届けしよう。

  • スパークリング日本酒「TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE 心 -Shin-」

●東京産の原料にこだわったスパークリング日本酒

「SAKE女の会」とは、お酒を愛し、お酒でおもてなしができる人を育て増やすことを目標に活動している団体で、代表理事を務める友田晶子さんは、お酒と食に関する一般向けセミナーやイベント企画のほか、ホテルや酒販店、輸入業者などプロ向けのコンサルティングと研修もおこなっている。

 SAKE女という名前から、女性ばかりかと思ったら、会員の2割が男性だそうだ。SAKE女の定義は、お酒でおもてなしができる人のことのため、男性も大歓迎なのだとか。

 そのSAKE女とコラボしたのが、東京最古の酒舗、慶長元年(1596年)創業で、東京の二大神社である明治神宮、神田明神に唯一の御神酒「金婚」を納めている豊島屋本店だ。

 コラボで生み出されたのが、日本初となる東京産の原料によるTOKYOテロワールを表現したというスパークリング日本酒「TOKYO PREMIUM SPARKLING SAKE 心 -Shin-」だ。

 豊島屋酒造は、東京都内にある数少ない蔵元で、「江戸・東京の地酒」として多くの人に親しまれているお酒を醸造している。今回のスパークリング日本酒「心 -Shin-」は、100年もの永い眠りから覚めたという江戸酵母、東京産米キヌヒカリ、武蔵野の水を使ったオール東京の日本酒「金婚 純米吟醸 江戸酒王子」をベースに、SAKE女の会プロジェクトチームが、豊かな酸のある古酒とフレッシュな新酒をアッサンブラージュしてでき上がったそうだ。

 日本酒をアッサンブラージュするとは、興味深い。さらに、シャンパーニュと同様に瓶内二次発酵をおこなうことにより、TOKYOテロワールを表現したスパークリング日本酒が完成したそうだ。日本酒らしい、奥深い繊細な味わいで、日本の乾杯を華やかにしてくれる。

Next発泡タイプの日本酒よりもシャンパンに近い泡立ち
Gallery【画像】スパークリング日本酒の飲み頃の温度は?(11枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND