VAGUE(ヴァーグ)

サントリーニ島が沖縄に出現!? 伊良部島に全室スイートのラグジュアリーリゾートが誕生

“宮古ブルー”と緑豊かな自然にかこまれたリゾートアイランド

 日本屈指のリゾート地である沖縄県宮古島に隣接する離島・伊良部島に「ブルーオーシャン ホテル&リゾート 宮古島」が開業した。

 飛行機なら東京(羽田・成田)から約3時間、大阪(関西)から約2時間30分で南の楽園に降り立つことができる。伊良部島は、宮古島と全長約3.54kmの伊良部大橋でつながっており、同ホテルは伊良部大橋のたもとという好ロケーションにたたずむ。

  • サントリーニ島をモチーフとした白壁とブルードームの外観がリゾート気分を盛り上げる「ブルーオーシャン ホテル&リゾート 宮古島」

「ブルーオーシャン ホテル&リゾート 宮古島」のモチーフとなったのは、ギリシャ・エーゲ海に浮かぶサントリーニ島。同ホテルがかの地にフォーカスした背景について、広報担当者はこう語る。

「世界のリゾート地のなかでも、サントリーニ島は美しいビーチ、豊かな自然、史跡をたたえる島です。同様に、宮古島にも東洋一美しいといわれる与那覇舞浜ビーチがあります。また、沖縄本島とはひと味違った自然や文化が息づくリゾートアイランドであることも、サントリーニ島との共通点だと感じています」

 ホテルが位置する伊良部島の東側には佐良浜漁港があり、その断崖に立つカラフルな建物が生み出す街並みも、サントリーニ島を想起させる異国情緒あふれる雰囲気がただよう。絵に描いたような美しい島の環境そのものが相通じているのだ。

●洗練された空間に優しい“島時間”が流れる瀟洒なホテル

 サントリーニ島をオマージュした施設の特徴について、広報担当者は続ける。

「外観は、白壁とブルードームが特徴です。白と碧のカラーは、爽快なリゾートインテリアにも活かされています。異国情緒を感じる開放的なレセプションは、これから過ごすリゾートへの期待を高める優雅なつくりとなっています。

 また、館内にあるレストラン“エーゲ海”では、伊良部大橋と“宮古ブルー”が輝く海の絶景を一望でき、地場産の新鮮な食材を活かした食事を楽しめるのも特徴です」

 ルームプランは、すべてスイートルーム仕様の全24室。ホテルタイプとヴィラタイプのふたつで構成されている。

 ホテルタイプは、オーシャンビューテラススイート6室、テラススイート6室の構成。海風がとおり抜けるリビングと広々としたテラスが心地よく、特別なホテルステイを演出してくれる。

 ヴィラタイプは、ロイヤルスイートヴィラ11室、ロイヤルスイートヴィラ・プレミアム1室で、いずれもプライベートプールとジャグジーが備わり、ゆったりとくつろげる空間だ。

 また併設されているスパでは、リゾートならではの身も心も解き放たれるリラクゼーションメニューを用意。優雅ないやしの時間にひたるのもいい。

 手つかずの自然が残る伊良部島。“宮古ブルー”の海に向かって白く伸びゆく伊良部大橋の眺望とともに、リゾートステイならではのとっておきの休息が約束されている。

●施設概要
・施設名:ブルーオーシャン ホテル&リゾート 宮古島
・住所:沖縄県宮古島市伊良部池間添1101-1
・予約専用TEL:0980-79-7971(10〜18時)
 https://www.blueocean-miyakojima.com/

Gallery異国情緒あふれる沖縄・伊良部島のハイグレードリゾートホテルを【画像】で見る(6枚)

RECOMMEND