VAGUE(ヴァーグ)

日本を代表するスポーツメーカー・ミズノとのタッグで生まれた高機能ダウンジャケット

高機能なのにカジュアルに着られるダウンジャケット

 人気セレクトショップ・URBAN RESEARCH DOORSから、日本の大手スポーツメーカー・ミズノとコラボレーションしたダウンジャケット「Mizunoダウンジャケット for DOORS」が12月初旬に発売予定。現在、アーバンリサーチのオンラインストアにて、数量限定で予約受付中だ。

  • 優れた防寒性を備えながら、見た目はスマートでカジュアルなURBAN RESEARCH DOORS発の「Mizunoダウンジャケット for DOORS」

 本作が初となる両社のコラボレーション。そのきっかけについて、URBAN RESEARCH DOORS企画部の細川正人さんはこう話す。

「スポーツブランドの機能やパターンなどを盛り込みつつ、カジュアルなダウンアイテムをつくれたら絶対に面白いだろうな、というところから企画がスタートしました。ミズノさんのインラインである『ミドルウェイトダウン』をベースに、URBAN RESEARCH DOORSのフィルターをとおし、高機能かつカジュアルなダウンジャケットが生まれました」

 もともとフード一体型デザインだった「ミドルウェイトダウン」をフードが取り外せる仕様にし、スタンドカラーへと変更。その結果、よりトレンド感のある着こなしが可能となり、防寒性を重視したシーンにも対応できる、タウンユースからアウトドアユースまで幅広いシーンで着用できるダウンジャケットへと変貌した。

●ミズノのテクノロジーを採用して保温性アップ

 素材には、防水透湿性に優れたゴアテックスのなかでも、快適性を追求した柔らかな“GORE-TEX INFINIUM”を使用する新作。ダウンとミズノオリジナルの保温素材とのハイブリッド構造になっており、湿気を吸ってそれを熱エネルギーに変えて発熱する“ブレスサーモ”を採用している。これは、スキーのナショナルチームに提供するウェアに使われるなど、保温性の高い素材として知られている。

 また、ウェアの内側には、ミズノの“リフレクションギア”が使われている。こちらは薄い芯地にアルミニウム薄膜を特殊コーティングした素材で、輻射熱により衣服内の空気を温める機能を持つ。

 立体的なフードはあごまで覆うことができ、風の侵入をしっかり防ぐ。袖もゴムとスナップボタンの二重仕様で、冷気の侵入をシャットアウトしてくれる。

 このように優れた防寒性を備えながら、見た目はスマートでカジュアル。フロントジップは比翼仕立てのダブルジップ仕様となっており、ジップを開けて軽快に、ジップを閉じてすっきりとした印象にと多彩に着こなせる。

●製品仕様
・価格:3万9600円(消費税込)
・サイズ:M、L、XL(XLはWEB限定)
・カラー:Orange、Taupe、Black

Galleryタウンからアウトドアまで幅広いシーンで活躍する高機能ダウンジャケットを【画像】で見る(6枚)

RECOMMEND