VAGUE(ヴァーグ)

大型なのにたてやすいogawaロングセラーテントの“APORITOエディション”

定番2ルームの「ティエラ5-ST」を大幅軽量で扱いやすく

 1960年よりロッジ型テント「オーナーロッジ」シリーズを発表してきたogawaは、1990年代にその技術をドーム型テントと融合させた“ロッジドーム”でキャンプ業界に衝撃を与えたものだ。

 2003年に登場した「ティエラ」はogawaのロッジドームの集大成ともいうべきシリーズ。色分けされたスイベルジョイント、セルフスタンディングテープ、取り付けやすく簡単には抜けにくいピンなど、大型2ルームでありながらたてやすく、ライナーシートなど快適装備が充実しているのが特徴だ。

  • 信頼のogawaブランドテントをより扱いやすく、手に入れやすいプライスにして復刻した「ティエラ5-ST」

●エントリーユーザーにもたてやすいテント

 APORITOは、「ティエラ」シリーズのなかでも居住性・快適性・サイズ感・たてやすさにおいてバランスがよいスタンダードなファミリーテントとされていた「ティエラ5-ST」に注目。ogawaとともに限定モデルとして復刻させた。

 現行のシリーズ最高峰「ティエラ5-EX」とサイズ、カラーは同じだが、サイドドアパネル脇の三角メッシュを省略。フライシートを75Dポリエステル、インナーを68Dポリエステル、グラウンドシートを210Dポリエステルとすることで重量を4.5gほど軽くし、2ルームテントをはじめて持つユーザーでも扱いやすい設計にしたという。

「歴史あるogawaブランド、人気のティエラシリーズで近年テント大型化・ハイスペック化が進む中で、女性やエントリーユーザーでもたてやすい、使いやすいをポイントに置いて復刻として企画してみました」

「フライシートは“フワッと”かけられる生地の厚さ、居住性・快適性を損なわないスタンダードスペック。 カラーは人気の現行モデルと同様のダークブラウン×サンドベージュ。oagawa×APORITOがおススメする2ルームテントです」(開発担当 下村泰夫さん)

●製品仕様
・価格:12万8000円
・サイズ:310×555×H205cm、インナーテント300×220×H195cm
・重量:約16.6kg

Galleryティエラ5-STの使い方をチェック!

RECOMMEND