VAGUE(ヴァーグ)

マリンレジャーを豪快かつ優雅に楽しむならコレ! カワサキのジェットスキーに2022年モデル登場

豪快かつ優雅なライディングを実現する最新ジェットスキー4モデル

 カワサキモータースジャパンは、2022年モデルのジェットスキー「ULTRA LX」、「STX 160LX」、「STX 160X」、「SX-R」の4機種を、2022年2月15日に発売する。

「ULTRA LX」は、自然吸気エンジンと大型燃料タンク、快適な乗り心地を追求したシートなどのコンビネーションにより、ゆったりと流れる時間を楽しめるモデル。クラス最大級のストレージやワイドリアデッキを備え、マリンレジャーを存分に満喫できる1台だ。“遊ぶ”を極めたグランツーリズモを味わえる。

  • “Fun to Ride”をテーマに、走りにとことんこだわり、いつの時代も乗って楽しいモデルを提供しつづけてきたカワサキのジェットスキーに新作4モデルが登場

 軽量コンパクトで、圧倒的なスポーツ性能を誇るのが「STX 160」シリーズ。シリーズ上級モデルの「STX 160LX」には、オーディオシステム“JETSOUND”と快適なライディングを楽しめるラグジュアリーシートを標準装備。「STX 160X」はエントリーモデルながら、エレクトロニック・クルーズ・コントロールなど充実した装備を搭載している。

 そして「SX-R」には、1498ccの4ストローク並列4気筒エンジンを搭載。全回転域で扱いやすい出力特性を備え、強大なパワーを効率的に推進力へと変えるハルとともに、ライダーの体重移動によってエキサイティングなライディングが楽しめる。強大ながらも扱いやすい4ストロークパワーとライダーが自在に操れる俊敏なハンドリングのコンビネーションにより、多くのライダーに比類ないライディング体験をもたらしてくれる。

●“ジェットスキー”を生み出したカワサキの本気

 いずれも圧倒的なスポーツ性能を備えながら、コントロールしやすく快適なライディングを楽しめる最新モデル。“JET SKI”は川崎重工業の登録商標としても知られるが、そんなカワサキのジェットスキーの特徴について、カワサキモータースジャパン広報グループの利波智さんは次のように話す。

「1973年に世界で初めて“ジェットスキー”という新しいレクリエーションビークルを商品化して以来、“Fun to Ride”をテーマに、走りにとことんこだわり、いつの時代も乗って楽しいモデルをつくってきました。とくに1980年代以降、世界中で着順を競うレースが盛んとなるなか、多くのカテゴリーで常に上位を独占し、“ジェットスキー”が走りにこだわったモデルであることを世界中に知らしめてきました。

 初めてウォータークラフトスポーツを体験する際には、インストラクターの指示に従い、“他人に迷惑をかけない”、“自然と社会環境を大切にする”ことを心がけ、この新しいスポーツを楽しんでください」

 さらに同社は、水上オートバイ愛好家に対して次のように呼びかけている。

「人の近くを猛スピードで走る、水しぶきをかける、大音量を鳴らすといった姿は、誰も『カッコいい』とは思っていません。真の“カッコいい”とは、人や地域を思いやるライダーの姿です。本来、水上オートバイは魅力ある楽しい乗りものです。周囲を気づかい、グッドマナーを心掛けて利用しましょう」

 海水浴場や水泳場の乗り入れは基本おこなわない、操業中の漁船・船舶の多い水域での航行は極力回避する、マリンレジャーを楽しむ人達の周囲では細心の注意を払うなど、法令・地域条例・ローカルルールをしっかり守って、カワサキの最新ジェットスキーを楽しみたい。

●製品仕様
☆JET SKI ULTRA LX
・価格:188万1000円(消費税込、以下同)
・サイズ:全長3370×全幅1195×全高1150mm
・整備重量:423kg
・乗艇定員:3名
・カラー:エボニー×サンビームレッド

☆JET SKI STX 160LX
・価格:174万9000円
・サイズ:全長3152×全幅1181×全高1153mm
・整備重量:398kg
・乗艇定員:3名
・カラー:エボニー×キャンディライムグリーン

☆JET SKI STX 160X
・価格:157万3000円
・サイズ:全長3152×全幅1181×全高1153mm
・整備重量:392kg
・乗艇定員:3名
・カラー:エボニー×ライムグリーン

☆JET SKI SX-R
・価格:149万6000円
・サイズ:全長2655×全幅765×全高840mm
・整備重量:250kg
・乗艇定員:1名
・カラー:エボニー×サンビームレッド

Galleryスポーツ性能とコントロール性を両立した最新ジェットスキーを【画像】で見る(5枚)

RECOMMEND