VAGUE(ヴァーグ)

1着にコーヒー約40杯分の豆かすを再利用! 地球にも人にも優しい機能充実ジャケットが上陸

コーヒーかすの消臭効果や速乾性に着目

 ヨーロッパ発のサステナブルファッションブランド・ECOALF(エコアルフ)から、コーヒー豆のかすを生地の原料として再利用した「KATMANDU(カトマンドゥ) マルチジャケット」の第2弾が発売された。

「KATMANDU マルチジャケット」は、ブランドが掲げるメッセージのひとつ“Waste is only waste if you waste it=ゴミは無駄にするからムダになる”を象徴するプロダクトで、1着に約40杯分のコーヒーかすを原料として使用している。

  • コーヒー豆のかすを再利用したサステナビリティはもちろん、デザインや機能も優れた注目アウター、ECOALF「KATMANDU マルチジャケット」

 なぜコーヒーかすをウェアに再利用したのか。この理由について、2020年3月よりECOALFの日本展開をスタートさせた三陽商会エコアルフ課の下川雅敏さんは次のように語る。

「ECOALFは、すべてのアイテムを再生素材や環境負荷の低い天然素材のみで製造して販売する、ヨーロッパ発のサステナブルファッションブランドです。ファッション産業が世界の天然資源を大量に使い続けるなかで、ペットボトル、タイヤ、漁網などを独自の技術でリサイクルし、これまで300種類以上もの生地を開発。新たな製品をつくり出しています。

 コーヒー豆のかすは脱臭剤として広く活用されているように、においの消臭効果や速乾性が期待される素材です。ECOALFではその効果に着目し、廃棄されるコーヒー豆のかすを圧搾・圧縮してペレット状(かたまり)にし、リサイクルポリエステルと混合することで衣服に再利用できる素材を開発しました」

●はっ水性と耐水性を備えた3WAYジャケット

「KATMANDU マルチジャケット」が飲料の原料であるコーヒー豆のかすを使用していることから、2020年9月、第1弾の発売をきっかけに、アサヒグループホールディングスとともに次世代に向けたサステナブルなライフスタイルを提案する“UPCYCLE B(アップサイクル ビー)”プロジェクトを発足。衣・食分野を横断したコラボレーションを実現している。

 本来、廃棄されるはずのものを原材料に活用することで、天然資源の使用減少を図るECOALFの取り組みを今後も広めていくことと、継続的な“環境保全”と“サステナブルファッションを伝える”ことを目的に、今回の第2弾を発売したという。

 そんな第2弾は、袖の仕様をラグランスリーブからセットインスリーブに変更したことで、すっきりとしたシルエットとなり、より日常使いしやすいデザインにアップデート。中綿のインナージャケットは取り外し可能で、単体での着用も可能なため、「KATMANDU マルチジャケット」は1着で3とおりの着こなしを楽しめる。

 また、はっ水性と耐水性を備えており、日常使いはもちろん雨の日やアウトドアシーンにも最適。家庭での洗濯にも対応するなどメンテナンス性も高い。

 コーヒー豆のかすを再利用してつくられたサステナビリティはもちろんのこと、デザインも機能も優れた注目アウターとなっている。

●製品仕様
・価格:3万9600円(消費税込)
・カラー:ネイビー、レッド、ブラック(メンズ)/ホワイト、マスタード、ブラック(ウィメンズ)

Gallery廃棄されるはずのコーヒー豆のかすを再利用した注目アウターを【画像】で見る(6枚)

RECOMMEND