VAGUE(ヴァーグ)

【84馬力アップ!】甘いフェラーリ「ローマ」にピリリとスパイスを効かせたノビテックのチューニングとは

ノビテックが、甘い「ローマ」に刺激的なスパイスを加えた

 フェラーリ「ローマ」はローンチに際して、“La Nouva Dolce Vita(新・甘い生活)”というコンセプトを前面に押し出していた。いわずと知れたフェデリコ・フェリーに監督の映画『甘い生活』が、もちろん下敷きとなっている。

『甘い生活』では、1950年代から1960年代にかけてイタリアのローマで流行した華やかで自由に生きるというライフスタイルが描かれている。つまりフェラーリ・ローマは、機能性よりもむしろ享楽主義をデザインで表現した1台なのであろう。最初にローマを見た時から、個人的なこのような感情は変わることはない。だからこそローマは、フェラーリの現行ラインナップにおいても特別な姿に映る1台なのだ。

  • 見る人が見れば「ローマ」のフロントがアグレッシブなルックスに変化しているのが分かるだろう

●レベル2で84馬力アップ

 そのローマをベースに、早くもノビテックがチューニングモデルを発表した。もはやフェラーリ・チューニングの世界においては、もっとも幅広いラインナップを構成しているといっていいノビテック。そのカスタマイズは今回も魅力的なフィニッシュであった。

 まずフロントに搭載されるエンジンは、4リッターV型8気筒ツインターボで、その基本スペックに変化はない。しかし電子制御管理システムのすべてをノビテック・オリジナルのものへと変更。燃料噴射と点火用に特別に調整されたマッピングが導入されているほか、ターボの電子ブースト圧力制御のアップグレードもおこなわれ、スロットルレスポンスの向上も大きな魅力だ。さらにノビテックは、性能向上効果のある高性能触媒を、このローマにも設定している。

 ここまでのチューニングを、ノビテックは「パフォーマンス・レベル2」と称し(レベル1ではエンジンにチューニングは施されない)、最高出力と最大トルクは、ノーマルの620ps&760Nmから704ps&882Nmにアップされている。

 注目の運動性能は0-100km/h加速3.2秒、そしてわずか8.9秒後には200km/hの速度に達するという。最高速は325km/hオーバーとノビテックからは発表されている。

Next「ローマ」をさらにスポーティにするエアロパッケージとは
Gallery【画像】ノビテックが手がけたフェラーリ「ローマ」とは(11枚)

page

RECOMMEND