VAGUE(ヴァーグ)

八角形メタルベゼルのG-SHOCKをベースにした石川遼シグネチャーモデル

国内ゴルフシーンを牽引するプロゴルファー、石川遼選手とのコラボレーション第2弾

 2007年「マンシングウェアオープンKSBカップ」でツアー最年少の15歳245日で優勝するという快挙で世を驚かせた石川遼選手。翌2008年にプロに転向するや17歳にして賞金1億円を獲得、さらに翌2009年には史上最年少の18歳で賞金王に輝くなど、目覚ましい活躍はゴルフファンならずとも広く知られるところ。

 2018年と2019年には史上最年少の男子ツアー選手会長として国内ツアーを牽引、史上14人目となる生涯獲得賞金10億円突破を最年少で達成。過去17回のツアーで優勝を手中に収めるなど、いまや間違いなく日本のゴルフ界を代表するトッププレイヤーのひとりだ。

 今回カシオより発売される「GM-2100RI21」は、そんな石川選手とのコラボレーション第2弾となるシグネチャーモデル。また、来る11月25日より開幕する「カシオワールドオープン ゴルフトーナメント」の第40回大会開催を記念するものでもある。

  • ベテランとしてゴルフシーンを牽引する石川選手。カシオとは2013年より所属契約を結ぶ

●デザインモチーフはゴルフボール。ディンブル柄を大胆にちりばめたダイヤルが新鮮

 型番からも分かるとおり、ベースとなっているのは2021年夏発売の人気モデル「GM-2100」。1983年誕生の“初号機”こと「DW-5000」のデザインを継承するオクタゴン(八角形)ベゼルがユニークな、新時代のアナデジウォッチだ。

 ネイビーカラーのダイヤル全面をゴルフボールに見立て、立体感のある透明印刷によってディンプル柄を大胆に表現。一方でシャープなステンレスベゼルのシルバーカラーと、ホワイトの樹脂製ストラップの取り合わせは、爽やかで清潔感のある印象。アクセントに効かせたライトブルーとオレンジが、スポーツシーンにふさわしい躍動感を添えている。

 一般にカジュアルなイメージのあるG-SHOCKだが、硬質なメタル素材の質感のおかげでシャープかつ引き締まった表情に。石川選手自身も「今までに見たことのない“G-SHOCK”で、カチッとしたメタル素材によりゴルフでの着用も、普段使いにも合うと思います」とコメントを寄せているように、プレイ中から日常使いまで、幅広いシーンで身につけられそうなシンプルなデザインに仕上がっている。

 またゴルフファンなら、裏ぶたに刻まれたカシオワールドオープンの開催40回記念ロゴや石川選手のシグネチャーも見逃せないところ。ボールを模したスペシャルパッケージには、時計とともに特製のオリジナルゴルフマーカーを同梱。贈り物としても喜ばれそうだ。

●製品仕様
・ケースサイズ:49.3×44.4×11.8mm
・質量:72g
・ケース、ベゼル材質:樹脂/ステンレススチール
・バンド:樹脂バンド
・構造:耐衝撃構造(ショックレジスト)
・防水性能:20気圧防水
・電池寿命:約3年
・ガラス:無機ガラス

Gallery【画像】コラボウォッチらしいオリジナリティにあふれる1本(6枚)

RECOMMEND