VAGUE(ヴァーグ)

初めて「デイトナ」の名がついたフェラーリ誕生! スーパーカーライトに水平ブレードなど「SP3」のエモい演出とは

イーコナ第3弾は、「デイトナ」のネーミングに

 2021年11月20日、フェラーリの「Icona(イーコナ)」シリーズの第3弾として、「デイトナSP3」が、2021年フェラーリ・フィナーリ・モンディアーリ開催中のムジェロ・サーキットで発表された。

  • 最新のイーコナシリーズ「デイトナSP3」。「812コンペティツィーネ」のエンジンをリアミッドに搭載

 デイトナSP3の車名は、1967年のデイトナ24時間レースでトップ3を独占した「330 P3/4」(1位)、「330 P4」(2位)、「412 P」(3位)のスポーツプロトタイプへのオマージュである。

 主要諸元をまず紹介しよう。

 ボディサイズは、全長4686mm×全幅2050mm×全高1142mm、ホイールベースは2651mm。乾燥重量は1485kgで、前後重量配分は44(フロント):56(リア)となっている。

 搭載されるエンジン(F140HC)は、6496ccV型12気筒で、最高出力840ps/9250rpm、最大トルク697Nm/7250rpmを発揮する。「812コンペティツィーネ」でフロントに搭載されたF140HBを、リアミッドに搭載するに際して吸排気レイアウトを見直し、フェラーリ史上もっともパワフルな内燃機関となった。燃料タンク容量は86リッターだ。

 これに組み合わされるトランスミッションは、7速F1デュアルクラッチ。タイヤはピレリと共同開発した新Pゼロ コルサで、サイズはフロントが265/30ZR20、リアが345/30ZR21。ドライとウェット両方のパフォーマンスが最適化されている。

 最高速度は340km/h以上で、0-100km/h加速は2.85秒だ。

●クラシカルなディテール

 クラシカルな雰囲気を漂わせているスタイリングは、1960年代のレーシングカーからインスピレーションを得ているが、「モンツァSP1/SP2」との最大の違いは、ラップアラウンド式のウインドスクリーンに、脱着可能なハードトップを備えたタルガボディを採用したことだろう。

 そしてクラシカルな雰囲気をさらに引き立たせているのが、ドアミラーではなくフェンダーミラーを採用したことも大いに関係している。これは視認性を高め、ドアインテークへの気流に及ぼす影響を考慮した結果でもある。

 デイトナSP3の外観上の見どころのひとつなっているのが、このドアインテークで、バタフライドアにエアボックスが内蔵されており、サイドに搭載するラジエターへとフレッシュなエアを導くようになっている。

 フロントのヘッドライトは、上部の可動パネルが特徴的で、1970年代からのスーパーカーに採用されたポップアップ式ヘッドライトを彷彿とさせるデザインとアナウンスされているが、イメージとしてはアルファ ロメオ「モントリオール」に近い。テールライトはスポイラー下に1本の水平なバーを形成し、ブレードの1列目に組み込まれている。

 フロントとリアとも力強く優美なラインを描くフェンダーは、往年のフェラーリ スポーツプロトタイプを彷彿とさせる。そしてフロントの両サイドで採用された水平ブレードは、リアの水平ブレードへとリフレインされてデイトナSP3の大きな見所となっている。

 デイトナSP3のリアに、未来的なデザインでありつつどこかクラシカルさを感じてしまうは、1960年代のスポーツプロトタイプに馴染みがなくとも、バブル期の「テスタロッサ」などをも想起させるからだろうか。

  • 左右のシートはシームレスに繋がっており、シャシと一体化されている

●シャシと一体型のシート

 インテリアにおける最大のトピックは、シャシと一体化されたシートである。これは、インスピレーションを受けた1960年代のスポーツプロトタイプのシートのクッションが、直接シャシに接着されていたことを現代的に解釈したものである。

 ただ、左右のシートがシームレスに繋がっているデザインは、デイトナSP3に特有のものであろう。ドライビングポジションは、ペダルボックスをスライドさせることで調整する。

 ヘッドレストのデザインはかつてのレーシングカーを参考にしつつも、シートと一体化しておらず、独立した形状となっている。

 このほかコックピットは、レーシングカーに倣って、ミニマリズムにまとめられているのが特徴だ。コンポーネントの雰囲気は、最新の「SF90」に近い印象だ。

* * *

 デイトナSP3の生産台数は599台、現地価格は200万ユーロ(邦貨換算約2億6000万円)といわれている。モンツァSP1/SP2と違い、フロントウインドとルーフが備わるデイトナSP3は、世界的にも人気の出るモデルになることは間違いないだろう。

Next「デイトナ」の名がつく初めてのフェラーリを【動画】でチェック
Gallery【画像】「デイトナSP3」がオマージュする歴代フェラーリとは(14枚)

page

RECOMMEND