カウンタックはライバルではなかった!? フェラーリ「512BB」が優秀なロードカーである理由【THE CAR】

ランボルギーニ「カウンタック」とともにスーパーカーブームを牽引したフェラーリ「BB」は、「365GT4–BB」から「512BB」へと進化。512BBが辿ったカウンタックとは異なる進化とは?

跳ね馬史に残る特別な20年は「失われた20年」だったのか?

 V12ミドシップ(と言っていいかどうかについては別に議論の余地が大いにあろう)をラインナップの頂点に戴く「365GT4–BB」から「F512M」までの時代は、フェラーリにおける、言わば「失われた20年」だった。

 そもそもフェラーリには、厳密にいって(つまりは、ディノエンブレムやコンペティション転用を除いて)、365BBが登場するまで、ミドシップの純粋なロードカーなど存在しなかったのだ。

米国の排ガス規制に対応するため、365GT4/BBに代わる後継機として、1976年7月のパリ・サロンで512BBへと進化を遂げる、1981年までに929台が生産された

 フェラーリのロードカーといえばFRのスポーツカーを指していた。BBの登場が、いかに唐突なものであったか。「デイトナ」以前の25年と「マラネロ」以降の15年を眺めてみれば、一目瞭然だろう。

 一方で、いわゆるエンジンとミッションの二段重ねを、素直にミドシップとは言い切れない場所におくパッケージは、ひょっとすると、「911」のように、「災い転じて福となす」可能性もあった。

 365の後継である「512BB」、「テスタロッサ」、そして「512TR」を乗り比べ、その進化のほどを体験してみれば、苦闘の先にオリジナリティとユニークネスの華咲く未来があったのではないか、と、いちBBファンは夢想したくなるほどだ。スーパーカーオーナーの登竜門的存在であった512TRには、「奇態の環境順応」というべき完成度の高さがあった。

 最新のランボルギーニV12のように180度V型12気筒が独自の進化を遂げ、軽量かつ小型化されつつパフォーマンスを上げて、ポルシェ911がそうであったように365BB由来の奇態パッケージをほぼカンペキにモノにしたパラレルワールド……。

 しかし、現実には、フェラーリは、伝統的なFRグランツーリズモの世界へと、回帰してしまう。

 BBの夢は、終わった。もはや永遠に、跳ね馬史における特別な(それゆえ異例の)20年になってしまった。

 逆に言うとそれだけ、12気筒エンジンの「後置き」パッケージングは、ロードカーの世界において、スペシャルな存在というべきなのである。

「F50」しかり、「エンツォ」しかり。

 改めてそう思い直したとき、始祖である365BBの偉大さを理解することはもちろんのこと、それをより多くの人に歓迎してもらえるよう改良された512BBシリーズには、こめられたフェラーリらしい執念を感じ取ることもできるだろう。

 エキセントリックでスペシャルなBBパッケージを、より安定して速く走らせ、しかも、より扱いやすくさせる工夫。それらの視点は、BB時代の終盤から、フェラーリの全ラインナップにおいて見受けられるようになり、1990年代半ば以降の飛躍的な発展に繋がった。

 呪縛のようなBBパッケージとの苦闘の時間は、跳ね馬ロードカーのその後の進化に、ある一定の役割を果たしたのではなかろうか……。

 365BBから512BBへのステップアップには、同じ時代のランボルギーニほどの派手さは皆無だ。かたや、なりふりかまわずにエアロパーツと極太タイヤで武装し、ただただパフォーマンスの向上だけを目指したクンタッチ。対するBBのそれは、すべてに渡って控えめで、かつ紳士的だった。

Gallery:【画像】スーパーカー世代に刺さる512BBをたっぷり見る(12枚)