VAGUE(ヴァーグ)

ついに航続距離500kmを達成! ポルシェ「タイカンGTS」がLAでワールドプレミア

500kmを超える航続距離を備えた初のタイカン

ポルシェは、「タイカン」のラインナップに新しく加わるグランツーリスモスポーツモデル、「タイカンGTS」の予約受注を、2021年11月17日より日本全国のポルシェ正規販売店にて開始した。価格(消費税込)は1807万円となる。ハンドルは右のみとなる。

  • オプションの21インチホイール

●「タイカンGTS」の概要

 タイカンGTSは、500kmの壁を破る最大504kmの航続距離(WLTP)を達成した初のタイカンとなった。

 ローンチコントロールの使用時には、440kW(598ps)ものオーバーブーストパワーを発生。静止状態から100km/hまで3.7秒以内で加速し、最高速度は250km/hに達するという。

 ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)を含むアダプティブエアサスペンションは、横方向のダイナミクスを高めるために、GTSに合わせて最適化。オプションとなるリアアクスルステアリングのセットアップも、さらにスポーティなものとなっている。

 そしてさらに豊かなサウンドパターンを奏でるポルシェエレクトリックスポーツサウンドは、新しいGTSモデルの特徴を引き立てる要素のひとつとなっている。

 エクステリアは、GTS特有のフロントエプロンやエクステリアミラーベース、サイドウインドウトリムなど、多数のブラックまたはダークカラーを採用。インテリアは、ブラックRace-Texの装備が標準装備されるブラックアルマイト仕上げのブラッシュアルミニウム インテリアパッケージとともに、エレガントでダイナミックな雰囲気が強調された。

 また、新しいオプションとしては、サンシャインコントロール付パノラミックルーフを設定。このルーフは、電気的に 切り替え可能な液晶フィルムによって透明からマットに変更することができ、車内を暗くすることなく乗員を日光などのまぶしさから保護することが可能。9つのセグメントに分割されたルーフは、個別に切り替えることもできる。なお、同機能は、自動車部門において世界初採用で、透明とマットの設定に加えて、事前に設定された狭いセグメントと広いセグメントのパターンを切り替えることでセミとボールドも選択可能となる。

* * *

 タイカンモデルライン担当副社長のケビン・ギーク氏は、タイカンGTSについて、次のようにコメントしている。

「タイカンモデルレンジは、2019年のワールドプレミア以来、着実に成長しています。5つのモーターと2種類のボディバリエーションはあらゆるお客様のご要望にお応えします。

 伝説的なGTSの頭文字が付いたタイカンも加えることができたのは非常に嬉しいことです。GTSは、タイカン4Sとタイカンターボの間に位置付けられるモデルで、タイカンシリーズのスイートスポットといえるでしょう」

●ポルシェにおける「GTS」とは?

 ポルシェにおいて、「GTS」は「グランツーリスモスポーツ」を表しており、1963年にデビューした「904カレラGTS」以来、この3文字はポルシェファンにとって特別な意味をもっている。

 タイカンGTSは、ロサンゼルスモーターショー(2021年11月19日から11月28日)でワールドプレミアされ、これで現行ポルシェの全モデルレンジにGTSがラインナップされることになった。

Gallery【画像】航続距離500kmを達成したポルシェ「タイカンGTS」とは?(6枚)

RECOMMEND