【試乗】隠れた大本命、ディーゼルPHEVのメルセデス・ベンツ「E350de」

メルセデス・ベンツが日本市場に投入した「E350de」は、日本初のクリーンディーゼル・プラグインハイブリッド乗用車。Eクラスの隠れた大本命である、E350deの試乗をお届けしよう。

日本初のクリーンディーゼル・プラグインハイブリッド

 日本に導入されたメルセデス・ベンツのディーゼルエンジン+ハイブリッドといえば、2015年の「S300h」が記憶に新しいが、2019年10月23日から「E350de」が追加された。E350deは、S300hと何が違うのだろうか。

ディーゼルと電気モーターが生み出す加速力は、異次元の体験

 E350deとS300hの大きな違いはふたつある。ひとつめは搭載されているエンジンだ。ともに直列4気筒ディーゼルターボだが、E350deはクリーンディーゼルへと進化している。

 ふたつめは、S300hがハイブリッドであったのに対して、E350deはプラグインハイブリッドとなった点。

 S300hのモーターの最高出力と最大トルクは、27馬力と250Nmです。あくまでもモーターはアシストとしての役割だ。

 E350deの最高出力は、ディーゼルエンジンで194馬力、モーターで122馬力、システム出力で306馬力となる。最大トルクは、エンジンで400Nm、モーターで440Nm、システム出力で700Nmだ。

 Eモードと呼ばれる電気モーターのみでの走行も可能で、満充電で約50kmのEV走行が可能だ。これならば、普段の買い物などで電気自動車のように使うことができる。

 ハイブリッドモードでは、電気モーターとエンジンを協調させることにより、低振動、低騒音でスムーズな加速が可能。また、高速道路などでの長距離ドライブの際は、クリーンディーゼルエンジンの低燃費の特性を活かすことができる。

 給電ジャックは、右側のリアバンパーにある。200Vの専用充電器でも100Vの家庭用コンセントからでも充電できる点が、E350deの特長。200Vの専用充電器で充電した場合、100V(家庭用コンセント)から充電した場合の約半分の時間で満充電が可能だ。

 ちなみに、6.0kW(30A)対応の交流普通充電器本体が無償提供されるほか、設置にかかる費用負担を軽減するために、10万円のサポートが受けられる。

 自宅駐車場で夜間に充電しておけば、EVだけで近所の買い物などの外出を済ますことができる上、万が一バッテリーが切れても、ディーゼルエンジンで走行できるので、外出先での心配はない。

 住宅密集地などでは、早朝の出発や深夜の帰宅の際に、静かなEV走行できるのは非常に助かる。休日のゴルフに出かける際など、EV走行で近所迷惑にならないE350deは、もってこいのクルマだといえるだろう。

 実際に納車された後に便利だと思う機能に、プリエントリークライメート機能がある。これはコマンドシステムやスマートフォンで、エアコンなどの作動設定がおこなえるもので、出発前の車内を、夏は涼しく、冬は暖かくしておける機能だ。エンジンが始動するわけではないので、気兼ねなく使える機能である。

Gallery:【画像】最強のPHEV、メルセデス・ベンツ「E350deアバンギャルドスポーツ」のすべて(16枚)