VAGUE(ヴァーグ)

日本の「夕日百選」に選ばれた“海の京都”で満喫する温泉とサンセットグランピング

“海の京都”で堪能する美人の湯と幻想的なサンセット

 京都府京丹後市にある夕日ヶ浦温泉郷に、大型グランピング施設「glamprouge-グランルージュ-夕日ヶ浦」が開業。“リゾートグランピングドットコム”での予約受付がスタートした。

 ユネスコ世界ジオパークにも認定されている稀少な景観に惹かれ、多くの人が訪れる京丹後市。歴史ある京都のなかでも海の魅力が満載のエリアであることから“海の京都”とも称されているエリアだ。なかでもひと際キレイな夕陽に出合え、日本の「夕日百選」にも選ばれたエリアにあるのが夕日ヶ浦温泉郷である。

  • 夕日ヶ浦温泉郷にある日帰り温泉施設「花ゆうみ」の敷地内にオープンした「グランルージュ 夕日ヶ浦」

「京都市内の趣きとは異なる、自然豊かな風景が一番の魅力です。水平線に沈む夕日、真っ青な海と空、白砂がきらめく海岸線……のどかな田園風景や漁村の街並みが訪れる人をやさしく迎えてくれます」と“海の京都”ならではの魅力を語るのは、ブッキングリゾート広報の橋本さん。

「グランルージュ 夕日ヶ浦」は、この温泉郷にある日帰り温泉施設「花ゆうみ」の敷地内にオープンした。絶景の夕陽からその名を冠した夕日ヶ浦温泉郷は、砂丘地を掘削して湧いた良質な温泉が魅力で、泉質は低張性弱アルカリ高温泉で“美人の湯”と呼ばれ、肌がつるつるになると評判だ。

 新施設に隣接する「花ゆうみ」には、広々とした内湯をはじめジャグジーやサウナ、そして、四季折々の情景が広がる庭園露天風呂や寝湯など、多彩な入浴施設を備えている。また、宿泊者限定で“朝風呂”も開放されており、温泉と景色を存分に堪能できる。

●見渡す限りの大空と一面の芝が気持ち良い贅沢なロケーション

「グランルージュ 夕日ヶ浦」は、緑の天然芝が広がる約9000坪もの広大な敷地に、わずか10棟という周囲を気にせず過ごせる贅沢なつくり。子どもは芝の上を走り回ったり、大人は大空に映える情景を楽しんだりと、思い思いにゆったりとしたアウトドアステイを満喫できる。また、広大な芝生の庭を楽しむためのフリスビーやスピードミントン、パターゴルフといった外遊びアイテムのレンタルも充実している。

 テントは1棟貸切タイプ。直径7mの快適な大空間を誇るドーム型テントは全棟に冷暖房を完備し、居住性も抜群だ。また、各テントには専用の食事スペース、個別トイレ、ファイヤーピット(焚き火台)つきのプライベートガーデンを完備。日没後には星空の瞬きと炎の揺らめきを眺める優雅なひとときを楽しめる。満点の星が輝くこれからの寒い時期は、夏の滞在とはひと味違ったグランピングを楽しめることだろう。

●充実のマリンアクティビティと自慢のBBQグルメ

 日中は、丹後半島の海を楽しむ豊富なマリンアクティビティを体験できる「グランルージュ 夕日ヶ浦」。施設からクルマで5分の場所にあるマリンレジャー施設「京丹後135°EAST」では、SUPやイージーセイル(ウインドサーフィン)を楽しめるほか、サーフィン教室や全国でも珍しいナイトSUP体験など、小さな子どもからシニアまで年齢や体力、経験に合わせた多彩なマリンアクティビティを楽しめる。

 食事は食材の持ち込みも可能だが、“海の京都”ならではメニューがそろうBBQがおすすめ。サワラやブリ、イカ、牡蠣、カニなど京丹後産のご当地食材を中心に、海のリゾートならではのお祭り感あるメニューが提供される。また、子ども用のBBQメニューや、朝食のオーダーも可能。夕食前には、米どころでもある丹後半島ならではのグルメアクティビティ「ウェルカムRICE」も用意されている。

 野趣あふれる露天温泉を備えた、夕日ヶ浦海岸が隣接する広大で贅沢なロケーション。食、遊び、癒やしと“海の京都”を心ゆくまで満喫できる注目のグランピングリゾートだ。

●施設概要
・施設名:glamprouge-グランルージュ-夕日ヶ浦
・住所:京都府京丹後市網野町浜詰256-1
・宿泊棟数:10棟(2ベッド・サンセットドーム5棟/4ベッド・サンセットドーム5棟)
・広さ:約38平方メートル(共通)
・定員:2-5名(共通)
・料金:1万890円から(消費税込)/1名(共通)
 https://www.kyoto-glamping.com/

Gallery9000坪の敷地にわずか10棟の贅沢空間「glamprouge-グランルージュ-夕日ヶ浦」を【画像】で見る(7枚)

RECOMMEND