VAGUE(ヴァーグ)

「F1」に「セナ」まで登場! 135台のマクラーレンが集結した「マクラーレン・トラックデイ・ジャパン2021」

過去最多となる135台のマクラーレンが集結

 マクラーレン・オートモーティブは2021年11月14日、同社の創立10周年を記念した「マクラーレン・トラックデイ・ジャパン2021」を、富士スピードウェイで開催した。

  • マクラーレン「F1」は、ひときわ特別なオーラを放っていた

●「マクラーレン・トラックデイ・ジャパン2021」とは?

 マクラーレン・トラックデイ・ジャパンは、マクラーレンオーナー向けに、2013年から開催されているイベントで、今回で8回目となる。

 今年は、日本で開催されてきた同イベント史上最多の135台のマクラーレンとオーナーたちが集まり、各々のこだわりや想いを語らいながら、マクラーレンでの走行を楽しんだという。

 サーキットでは、ビギナーからエキスパートまでそれぞれのカテゴリーで走行。オーナーの大半が普段公道では引き出せない愛車のポテンシャルを体感し、ドライビングを楽しんでいた。走ることを純粋に楽しむクルマだけに、オーナーも本気で走らせる人が多いのがマクラーレンのトラックイベントの特徴だ。その点ではポルシェオーナーのマインドに近く、こうしたサーキットでのエクスペリエンスを通じて、オーナーはさらにマクラーレンの世界観に触れ、マクラーレンの虜になるのである。

 またイベントラウンジでは、スペシャルゲストとしてアスリートの山本篤氏が登壇し、会場を盛り上げた。

 今回のイベントでのハイライトは、2021年7月に発表された765台限定の「765LTスパイダー」が日本のサーキットに初登場したことだろうか。日本での車両価格は4950万円(消費税込)で、すでに2021年生産分は完売している。

 車名に「LT=ロングテール」がついているとおり、アクティブ・リアウイングは9mm長く、「720S」より全長は57mm長いのが外観上の特徴だ。軽量化されたボディに、765psにアップした4リッターV8ツインターボを搭載。2022年生産分なら、今申し込めばまだ間に合うかもしれない。

* * *

 ピットには、ゴードン・マーレーが手掛けた伝説的な「F1」を中心に、「エルヴァ」や「セナ」、「P1」などのアルティメットシリーズが並んだ。初回のトラックデイが開催されたときには、こうしたスペシャルなモデルはまだ登場しておらず、このピットの壮観な並びを見ただけで、マクラーレンが歩んできた10年の歴史を感じることが出来るイベントであった。

マクラーレン・720S の中古車をさがす

Gallery【画像】「F1」や「セナ」などもピットに登場したFSWの1日(13枚)

RECOMMEND