VAGUE(ヴァーグ)

アストンのボンドカー復活! 「自動車の傑作」と呼ばれた「V12ヴァンキッシュ」とは

アストンマーティン「V12ヴァンキッシュ」が生誕20周年を迎える

 英国の偉大な自動車ブランド、アストンマーティンが現在に至る道筋を得るに至らしめた伝説のスーパーカー、「V12ヴァンキッシュ(Vanquish)」が、2021年に記念すべき節目の年を迎えることになった。2001年10月28日が、アストンマーティン・ラゴンダ社による公式のワールドプレミアの日とされている。

 今回は、デビューからちょうど20年後となる今年10月28日、英国ニューポート・パグネルの「アストンマーティン・ワークス」から発信されたリリースをもとに、GT色の強い大排気量スーパーカーのFR回帰路線を確たるものとした、偉大な名作へのリスペクトの想いを表することにしたい。

  • 英国の新聞「サンデータイムズ」は、「V12ヴァンキッシュ」を「自動車の傑作」と称賛

●アストンマーティンのテクノロジーを一気に塗り替えた意欲作

 2001年のジュネーヴ・ショーにて初公開され、居合わせたギャラリーから熱烈な支持を受けた「V12ヴァンキッシュ」は、現在のゲイドンに居を移す以前はアストンマーティン社の本拠であったバッキンガムシャー州ニューポート・パグネル時代のアストンマーティンによって設計・開発、そして生産されたなかでももっとも洗練され、技術的に高度なニューモデルにほかならなかった。

「ドライブ・バイ・ワイヤ」のスロットル制御や、F1スタイルのギアシフトパドルなどの当時最先端テクノロジーを組み込んだV12ヴァンキッシュは、アストンマーティンのフラッグシップとなるべき運命にあった。

 そして崇高なデザインに加え、並外れたなパワーとパフォーマンスから、デビュー直後から専門メディアからの肯定的なレビューとともに賞賛を得てゆく。

 米国の「モータートレンド」誌は、「アストンマーティンの新しいヴァンキッシュは、史上もっとも見事に設計されたフロントエンジン車のひとつ」と述べたほか、英国の新聞「サンデータイムズ」も、後にヴァンキッシュを「自動車の傑作」と称賛している。

 現在、アストンマーティン・ワークスで社長を務めているポール・スピアーズ氏は、生誕20周年を迎えたV12ヴァンキッシュに、以下のような賛辞を送っている。

「オリジナルのV12ヴァンキッシュは、私たちのブランドにとって重要かつタイムリーな開発能力を表したものでした。アストンマーティンのスポーツカーに期待されるすべてのキャラクターとスタイル、パワーを持つ素晴らしいスーパーGTだったと思います。デビューから20年の時を経て、V12ヴァンキッシュは、ここニューポート・パグネルで祝うべきブランドの遺産のなかでも、もっとも誇り高きモデルのひとつといえるでしょう。それは私たちの歴史のなかでも特別なパートであり、私たちが今なお正しく誇りをもって回想することができるモデルなのです」

  • ほぼ市販モデルと同じデザインの「プロジェクト・ヴァンテージ」

 V12ヴァンキッシュのストーリーは、実は2001年ジュネーヴ・ショーにおける輝かしいショーデビューの数年前から幕を開けていた。

 そのカギを握るのは、「プロジェクト・ヴァンテージ」というコンセプトカーである。

 1990年代半ばからアストンマーティンによって開発され、1998年のデトロイト・モーターショーで初めて展示された「プロジェクト・ヴァンテージ」は、コンセプトカーを標榜しつつも、生産準備がほぼ整っていることが明白なスーパーカーだった。

 プロジェクト・ヴァンテージは、460psの出力を誇る新設計の6リッターV12エンジンを搭載。F1マシンにインスパイアされた、パドルシフト式ギアボックスが組み合わされた。

 また、当時最先端のアルミニウム・バスタブおよび、カーボンファイバー混成のコンポジットも採用するなど、それまでは1970年代以来の古典的技術を色濃く遺していたアストンマーティンのテクノロジー改革を、高らかにアピールするものだった。

 生産化へのプロセスは迅速に進められ、2000年の秋には「プロジェクト・ヴァンテージ」から多くを継承したプリプロダクション車両(生産型プロトタイプ)が「V12ヴァンキッシュ」の名のもとに、関係者や一部の得意客にシークレットで披露されていたという。

Nextすべてがチャレンジだった「V12ヴァンキッシュ」の最新技術とは?
Gallery【画像】ボンドカー復活のきっかけとなった「V12ヴァンキッシュ」(29枚)

page

RECOMMEND