VAGUE(ヴァーグ)

「若々しく健康を維持!」奇跡のエイジングケアサプリ「インナービューティ」登場

長寿遺伝子を活性化する奇跡の成分、「NMN」とは

 人生100年時代をどう過ごすか。できれば最後まで若々しく健康でありたいもの。そんな想いを叶えることができるかもしれないサプリメントが登場している。それが、科学や医療の分野も注目する「NMN」だ。

  • ホリエモンをはじめとした著名人が取り上げ、番組でも紹介されるなど話題となっている「NMN」を、「Gaah」が価格を抑えることに成功した

●NMNの何に注目されているのか

 NMNはビタミンB3群のなかに含まれる「ニコチンアミドモノヌクレオチド」という物質で、私たちの体=生体内で生成される補酵素「NAD+」(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)になる前の中間体(前駆体)のこと。

 専門家によれば、NAD+はあらゆる生物の細胞に存在している物質であり、最近の研究では、「サーチュイン遺伝子=長寿遺伝子」を活性化させることがわかっているという。

 そのプロセスを簡単にいうと、NMNを取り込むと体内でNAD+に変換。NAD+が増えることで老化や寿命を制御する酵素=サーチュインが活性化し、抗老化に貢献するのだそう。不老長寿を叶えるといったら大げさだが、若々しさや健康の維持が期待できる成分であるのだ。

 それゆえ世界的に高齢化社会を迎えた現在、各国で注目されているほか、皮膚のたるみ、シワなど美容面での効果も熱い視線が注がれている。NMNはホリエモンをはじめとした著名人が取り上げ、番組でも紹介されるなど話題にもなっているのでご存じの方も多いかもしれない。

 さて、残念ながらこの奇跡の成分は加齢とともに枯渇してしまうそう。サプリ等として摂取、補填すればいいと考えてしまうが、これまでは簡単ではなかったという。

 NAD+は1906年に、NMNは1963年に発見され論文にも掲載されてはいたが、効果や解明にも時を要し、技術的にも生成できなかったことや、野菜などにも含まれているもののごく微量のため、外部から摂取しようにもできなかったのだ。

 しかし、ようやく近年になって生成、製造できるようになった。ただ、これまでは製造工程の難易度から高額傾向にあり、しかも、名前だけの偽物や含有量の低いものも多く、手の出しにくい存在だったののも事実。だが、今回ようやく、信頼性が高く求めやすい純国産のNMNが登場した。

Next高価だった「NMN」がどうして手頃になったのか
Gallery【画像】美容面での効果も熱い視線が注がれている「インナービューティ」とは(5枚)

page

RECOMMEND