VAGUE(ヴァーグ)

トライアンフのモンスター「Rocket 3」に「221エディション」誕生! 車名の数字が表す意味とは

221Nmの最大トルクに因んだ限定カスタム

 トライアンフは2021年11月9日、カスタムされたシリーズを求めるユーザーの声を反映した新たな限定車種、新型「Rocket 3 221 Edition」を発表した。

 価格(消費税込)は、「Rocket 3 GT 221 Edition」が291万円、「Rocket 3 R 221 Edition」は284万円で、今期のみの限定生産となる。

  • トライアンフの221Nmのトルクを誇る「Rocket 3」のスペシャルエディションとなる「Rocket 3 R 221 Edition」

●「Rocket 3 221 Edition」とは?

 最大トルク221Nmという「Rocket3」のパフォーマンスを表現するためにデザインされたのが、新型221 Special Editionだ。「Rモデル」と「GTモデル」の両方にラインナップされている。

 最大の特徴は、レッドホッパーに塗られた燃料タンクの特別なペイントだろう。最大トルク221Nmを表す数字が大きく描かれている。この大胆でユニークな221ニーパッドグラフィックに加え、221Nmの最大トルク、2458ccエンジン、167psの最高出力、85.9mmストローク、110.2mmのボア径など、Rocketの並外れた数値がすべて、タンク上部にグラフィックとして表現されている。補足すると、フロントマッドガードもレッドホッパーにペイントされている。

 このほか、サファイアブラックのマッドガードブラケット、ヘッドライトボウル、フライスクリーン、サイドパネル、リアボディワーク、ラジエーターカウルに、美しくて独特な新しいペイントスキームが採用されている。

 これらのユニークな221 Editionのペイントスキームに加え、同スペシャルエディションモデルには、独特のツインヘッドライト、ひと際目を引く3連のスカルプテッドエキゾーストヘッダーパイプといった、Rocketを新しくモダンなモーターサイクルのアイコンに仕立て上げた重要な要素がすべて詰め込まれている。

 もちろんすべてのトライアンフのラインナップと同様、細部へのこだわりも持っており、例えば折りたたむとシームレスに溶け込む、目立たない折りたたみ式のフットレストもそのひとつだ。

Nextベースモデルの「Rocket 3」のパフォーマンスとは
Gallery【画像】個性的なハイパワーマシンを希望するならトライアンフ「Rocket 3 221 Edition」がおススメ(13枚)

page

RECOMMEND