VAGUE(ヴァーグ)

フェラーリ「F8スパイダー」をノビテックが大胆カスタム! デザインはシュトロゼックが担当

特別のさらに上をいくノビテック「N-LARGO」

 ノビテックの「N-LARGO」シリーズにニューモデルが誕生した。N-LARGOとは同社が限定生産を前提に製作するコンプリートカーで、今回そのベースに選ばれたのはフェラーリ「F8スパイダー」である。同社からはすでにクーペの「F8トリブート」をベースとしたモデルも先行して15台の限定車として発売されているが、わずか数日で完売となった。今回のスパイダーも同様に、15台のみが生産される予定だ。

  • 即完売確定の15台限定ノビテック「N-LARGO」のフェラーリ「F8スパイダー」

●デザインはシュトロゼックが手掛けた

 F8スパイダーをベースとしたN-LARGOは、まずそのエクステリアのデザインで見る者を圧倒する。そもそも音楽用語で「ゆっくり」との意味を持つ「LARGO」は、同時に「ワイド」であることを表現することでも用いられるのだとノビテックは説明するが、確かに2110mmにまで拡大されたリアトレッドと、それに対応するためのリアフェンダーの美しさは、フロントセクションと同様にこのモデルの美しさを象徴するパートであるといってもよいだろう。

 さらにノビテックは、このフェンダーを装着するために、Vossen社と協力してワイドなテーラーメイドの、ノビテック「NF10NL」ハイテク鍛造ホイールを開発。フロントには21インチ、リアには22インチサイズが組み合わされ、このモデルのくさび型のデザインを、さらに強調している。

 ちなみにこのホイールには、フロントに255/30R21、リアには335/25R22サイズのタイヤが組み合わされ、スポーティなハンドリングを実現。カラーバリエーションは実に72種類が用意されており、さらにブラシ仕上げとポリッシュ仕上げの選択ができる。

 オリジナルのF8スパイダーからスポーティに、そしてエレガントで高性能に変化を遂げたパートはまだまだ多い。F8トリブートと同様、今回もデザインは、ヴィットリオ・シュトロゼックによって描かれた。

 プロダクション仕様のフロントバンパーに代わるフロントフェイシアは、ワイドボディの輪郭を完璧に包み込み、ボディサイドに追加されたスポイラーリップも、走行中の揚力を最小限に抑えるようにデザインされている。

 さらにディフューザーが取り付けられるリアフェイシア、ダックテールデザインのリアスポイラーなどが、高速でのダウンフォース向上に大きく貢献する。

 一方サスペンションは、ノビテックによる専用のスポーツスプリングを使用した結果、車高は約35mm低下。もちろん、駐車場のスロープやスピードバンプを通過するためのフロントリフトシステムは、スイッチ操作でフロントの車高を40mm持ち上げることができるので安心だ。

 リアミッドに搭載されるエンジンは、ノーマルの3.9リッターV型8気筒ツインターボに98psのエクストラが与えられた。2個のノビテック・トロニック・モジュールをエンジンコントロールユニットに組み合わせることで、燃料噴射と点火を最適化させたマッピングにすることで、パワーアップが図られた。

 エグゾーストシステムも、もちろんノビテックのオリジナルだ。カスタマーはサウンド管理のためのバタフライバルブを備えた仕様と、そうでないもののふたつから選択ができる。さらにステンレス鋼ととくに軽量なインコネルのチョイスも可能だ。もちろん、そのどちらのシステムも完全に遮熱され、さらにほぼ純金である999の金メッキを施すことで、さらなる最適化も可能とされている。

 気になるノビテックN-LARGO F8スパイダーの最高出力は、818ps/7960rpm、最大トルクは903Nm/3100rpm。最高速度は340km/hを超え、0−200km/h加速は7.7秒。

 ストリートリーガル・オープンカーにとって、これはやはり傑出した運動性能といえるだろう。わずか15人分のオーダーリストは、はたしてどれだけの期間でそれが埋まるのだろうか。

Gallery【画像】ワイドで存在感抜群のフェラーリ「F8スパイダー」(11枚)

RECOMMEND