VAGUE(ヴァーグ)

【発見】「カウンタック」の後継「ディアブロ」に採用されるはずだった!? ガンディーニが描いた「チゼタ」の初期デザインとは

チゼタ「V16T」のデザインスタディが現る

 クラシックカー/コレクターズカーを扱う海外オークション、とくにローカル色の強いオークションまで情報のアンテナを張って観察していると、時折とんでもない珍車・珍品に出くわすことがある。

 2020年、ドイツを拠点に立ち上がったばかりというオンライン・オークション専門のWEBサイト「Get Your Classic」にて、このほどVAGUEが発見したのは、同社が2021年7月にオンライン競売にかけた「Cizeta Moroder V16T Design Studie」である。

 V型16気筒エンジンを搭載した、1990年代初頭の伝説的スーパーカーチゼタ「V16T」のプレゼンテーションのために、かのマルチェッロ・ガンディーニ氏が一品製作したモックアップ・モデルである。

  • 「カウンタック」からのDNAが色濃く感じられるサイドライン(C)Get Your Classic

●V型16気筒エンジンを搭載したハイパーカーの先駆けとは?

 1990年のジュネーブ・ショーにて発表された「チゼタV16T」は、ランボルギーニでキャリアを積んだエンジニア兼テストドライバーにして、このクルマに携わる直前まではランボルギーニの北米代理店の経営者でもあった実業家、先ごろ逝去のニュースが伝えられたばかりの故クラウディオ・ザンポッリ氏と、1980年代には「ディスコミュージックの父」とも呼ばれた世界的ミュージシャン、ジョルジョ・モロダー氏とのジョイントベンチャーとして興したプロジェクトだった。

 チゼタという、ちょっと奇妙にも聞こえるブランド名は、ザンポッリ氏のイニシャル「C.Z」を、そのままイタリア語読みしたものである。

 また当初は「チゼタ・モロダー」なるブランド名を掲げていたが、財政上の拠りどころであったモロダー氏のプロジェクト離脱によって、数台の製作を終えた段階で、同社の経営は破綻してしまう。

 そののち1994年ごろから、ザンポッリ氏はアメリカ・カリフォルニア州ファウンテンバレーに拠点を移して、イタリア・モデナ時代に製作した残りのコンポーネンツを用いて生産を続行するべく、先ごろ逝去するまで奮闘したとされている。

 チゼタV16Tの最大の特徴は、その名のとおり壮大なV型16気筒エンジンを搭載すること。基本構成は、小径の鋼管でバードケージ状に組まれたチューブラーフレームに、スーパーカーデザインの巨匠マルチェッロ・ガンディーニ氏の手がけた総アルミ製ボディを架装。V16ユニットを横置きミッドシップに搭載するという、ほかに類を見ないユニークなものである。

 ボディサイズは当時のスーパーカーとしてもかなり大柄で、車両重量は公称でも約1.7トンにも達したが、総排気量6リッターのV16エンジンが発する、560psともいわれるパワーはそれを補って余りあるものであった。

 328km/hと称された最高速度をはじめ、同時代のブガッティ「EB110」やマクラーレン「F1」にも匹敵するパフォーマンスや希少性から、現在では「スーパーカー」よりもさらにエクストリームなクルマを指す「ハイパーカー」の先駆けともいわれている。

 ただしその一方で、20世紀のイタリアに継承されてきたスポーツカー造りのセオリーに則って製作された伝統的、あるいは古典的なスーパースポーツであったことも、注目に値する事実であろう。

 そして、現在では鬼才マルチェッロ・ガンディーニ氏のデザインによる、ゴシック建築を思わせる華麗にして荘重なデザインワークから、自動車という領域を飛び越えたある種のアートとしての価値も認められているのだ。

 V16Tのデザインを任されたマルチェッロ・ガンディーニ氏は、ランボルギーニの「ミウラ」や「カウンタック」、あるいはランチア「HFストラトス」の成功によって認められたのち、チゼタのプロジェクトが立ち上がった1980年代後半には、世界でもっとも影響力のあるスーパーカーデザインの巨匠として名を轟かせていた。

 そして、ガンディーニ氏がチゼタ・プロジェクトのデザインワークを手掛ける際には、ザンポッリ氏の古巣であるランボルギーニにおいて、実現の一歩手前でキャンセルとなった「ディアブロ」の初期デザイン案が、チゼタによって独自のスーパーカー・プロジェクトの出発点として再起動されることになったのだ。

Nextディアブロとチゼタを結ぶ、ミッシングリンク?
Gallery「チゼタ」のデザインスタディと市販モデルを【画像】で見比べる(27枚)

page

RECOMMEND