VAGUE(ヴァーグ)

“収納もデザインに”という建築家の発想をカタチにしたシンプルボックスの美点とは

欲しい収納ボックスを自らでつくったのが始まり

 設計事務所・COLOR LABEL DESIGN OFFICEは、資料や経理書類などを収納、保管しやすい「COLOR LABELオリジナル収納ボックス」を発売した。ラインナップは、A4サイズ(5個セット)とA3サイズ(5個セット)の2種類。素材は、パルプ100%の紙製だ。

 同事務所は、建築家であり雑貨店バイヤーでもある殿村明彦氏が主宰。進行中のプロジェクトの資料を、どう美しく収納するかを考えたときに、「扉などで隠すのでなく、統一されたボックスで収納したい」と考えたという。

  • 書類を重ねていくだけで手間なく収納でき、上に新しい書類があるため必要な書類を見つけやすいという美点を持つ「COLOR LABELオリジナル収納ボックス」

 ボックスに書類を入れておくことのメリットを、殿村さんは次のように語る。

「書類をファイルにとじて整理していた時期もありました。でも、このとじるという作業は、意外と手間に感じることが多いんです。そう感じると、とじることをおこたるようになり、収納が雑になってしまいます。一方、ボックス収納の場合、書類をどんどん入れていくだけです。手間をはぶける上に書類を重ねていくので、上に新しい書類がある状態になり、必要な書類を見つけやすいんです」

 近年は、資料などをデータでやり取りする機会も多くなった。だが、まだまだ多くの紙の書類が存在するというのが現状。その書類も、A4やA3サイズなどサイズが統一されているわけではない。1枚の用紙のこともあるし、地図のように折りたたまれて厚みのあるものもある。そうした多彩なサイズや形態でも、サッと入れておくだけで収納できるボックスは整理がしやすいのだ。

 また、A4だけでなくA3サイズ用のボックスを用意したのも、設計事務所ならではといえる。

「こうした収納ボックスは、ほかにも販売されています。ただ、いざボックス収納と決めたとき、A3サイズの書類を折らずに入れられる箱が少ないことに気づきました。設計事務所では、図面をA3サイズで印刷することが多いんです。A3サイズの図面も折らずに収納できて、なおかつシンプルなデザインで重ねていくだけで美しく見える。そんなボックスが欲しくて、自分で発注してつくったんです」(殿村さん)

 なお、A3サイズのオリジナル収納ボックスには、中間仕切りが付属する。これを取りつければ、A3だけでなくA4サイズの用紙なども収納しやすくなる。

●シンプルだから重ねていっても見た目はスッキリ

 他社製のボックスは、ボックス表面に柄などがデザインされたものが多く、事務所のインテリアのイメージに合うシンプルな意匠がなかったことも、同事務所で収納ボックスをつくった理由だ。「COLOR LABELオリジナル収納ボックス」はシンプルなデザインとしたこともあり、同事務所で使うようになると、訪れた人たちから好評を博した。そこで今回、一般販売することにしたのである。

「といっても、このボックスを購入されるのは、企業ばかりではありません。たとえば購入者のなかには子どもを持つ親の方も多いです。子どもが描いた絵や作文などを、学年ごとにボックスをわけて保管するという方がいらっしゃいました。また、教科や習いごとなど、いろいろなジャンルにわけて利用いただけているようです」(殿村さん)

 余白を多くしたシンプルなデザインであるからこそ、どんなスペースに重ねていっても、うるさく感じることがないのもいい。ビジネスはもちろんプライベートでも「COLOR LABELオリジナル収納ボックス」はさまざまなものを整理しやすいのだ。

●製品仕様
・価格(消費税込):2750円/A4サイズ(5個セット)、5500円/A3サイズ(5個セット)
・サイズ(約):W260×D357×H60mm(A4サイズ)、W520×D357×H60mm(A3サイズ)
・素材:紙(パルプ100%)

Gallery【画像】ビジネスにもプライベートにも活躍する「COLOR LABELオリジナル収納ボックス」の詳細を見る(5枚)

RECOMMEND