VAGUE(ヴァーグ)

アウディ「A8」がフェイスリフト! さらにスポーティでエレガントな存在に

よりシャープなデザインと革新的なテクノロジーを採用

 アウディは、プレミアムセグメントにおける先駆的存在である「A8」にフェイスリフトを施し、2021年11月2日に公開した。

  • フェイスリフトが施されたアウディ「A8」のフロント

●「A8」のルーツとは

 A8は、「V8」の後継モデルとして1994年に登場して以来、ラグジュアリーセダンセグメントのフラッグシップモデルとしての役割を果たしてきた1台だ。ステータスと名声の象徴であり、ラグジュアリーセダンの先駆的存在でもある。

 2017年に発表されたA8の第4世代は、パフォーマンス、スタイル、装備のあらゆる面で大きな進化を遂げて登場。アウディの各シリーズモデルを牽引するクルマとして、未来のデザイン言語をいち早く取り入れ、現在に至るまで先進的なアウディブランドの代表的な存在となっている。

 シャープなデザイン、確立されたテクノロジー、そしてリアシートの優れた快適性などの要素が、同セグメントにおけるアウディのプレミアムコンセプトを定義している。

 そんな同セダンは、卓越した快適性とスポーティなハンドリングが共存できることを示す好例であり、すべてのドライバーのニーズを満たす幅広い運転体験をもたらしてくれる。

 あらゆるディテールに及ぶ高い精度とインテリジェントな機能を備えた新しいA8は、ユーザー中心のパーソナルモビリティにおいて、高い価値を備えたテクノロジーのパイオニア的存在となっている。

●エクステリアの変更点とは

 A8は今回のフェイスリフトで、エクステリアの存在感を増し、自信に溢れた躍動感が高められた。

 シングルフレームグリルのベースはさらに幅が広くなり、サイズが拡大されたクロームアングルを下方から上方へと伸ばすことで、印象的なグリルが創出されている。

 サイドエアインテークはより直立したデザインとなり、ヘッドライトと同様に新鮮な印象を与えくれる。また、フロントエンドのデザインは全体的に見直され、調和の取れたデザインエレメントを採用。アウディブランドのトップモデルとしての存在感に、さらに磨きがかけられた。

 ルーフはフラットなラインを描き、ボディ全体の長さを強調する一方で、ワイドなホイールアーチは、クワトロドライブシステムが採用されていることを暗示。すべてのバージョンで、ロッカーパネルには新しい形状が採用され、その下端にはブレードが装着されている。

 リアエンドの特徴は、ワイドなクロームライン、デジタルOLEDテクノロジーが採用されたことによる、カスタマイズ可能なテールライトや、横幅一杯に広がるセグメント化されたライトストリップだ。バンパーのディフューザーインサートは繊細なアクセントとなり、水平バーとともにデザインが見直されている。

 さらに、排気フローを最適化した4本出しの丸形テールパイプを搭載。これは、Sモデルによく見られるスタイルで、スポーティなデザインを象徴する要素のひとつとなっている。

 なお、エクステリアには、標準仕様に加えてクロームエクステリアパッケージを設定。さらに、A8としては初めて、新しいSラインエクステリアパッケージも提供される。

 ボディサイズは、ホイールベースが3.00m、全長が5.19m、全幅が1.95m、全高が1.47mで、S8は全長が約1cm長くなっている。ボディには、アウディスペースフレーム(ASF)が採用され、ボディの58%はアルミニウムコンポーネントで構成されることになる。

 パッセンジャーコンパートメントは熱間成型されたスチールコンポーネントから構成され、超高強度で非常にねじれ剛性の高いカーボンファイバー強化プラスチック製のリアパネルにより強化された。

 フロントのストラットタワーバーにはマグネシウムが採用され、さらに進化を遂げた軽量コンセプトが完成したという。この非常に高いボディ剛性は、正確なハンドリング、優れた快適性、室内の静粛性の基盤となっている。

Next無駄を排したシンプルなインテリアデザイン
Gallery超絶進化を果たしたアウディのフラッグシップ新型「A8」を【画像】で見る(4枚)

page

RECOMMEND