VAGUE(ヴァーグ)

「世界に1台のみ」チゼタ・モロダー「V16T」が特別レアである理由とは

世界に10台、その1号車の「V16T」はどうして特別なのか

 RMサザビーズが、2022年1月27日に「アリゾナ・オークション」を開催する。毎年1月の最終週は、大手のメジャー・オークショネアが、揃ってアメリカのアリゾナ州、スコッツデールを中心に大規模なオート・オークションを開催することから、自動車のコレクターやファンにとっては見逃せない1週間となっている。同社のアリゾナ・オークションも、もちろんその例外ではない。

  • チゼタ「V16T」は、ガンディーニが「カウンタック」の後継モデルのためにデザインしたものが原型となったといわれている(C)2021 Courtesy of RM Sotheby's

●かつてテストドライブした個体

 誰もが気になる出品車のラインナップは、これから徐々に発表されていくが、RMサザビーズから最初に発表された1台は、驚くべきことにメジャー・ブランドのスーパースポーツやプレミアム・カーなどではなく、1988年に生産された「チゼタV16T」、その第1号車(S/N:001)だった。

 チゼタとは、パートナーとなった世界的な音楽家、ジョルジョ・モロダーとともに、創業者であるクラウディオ・ザンポッリの姓を組み合わせ、チゼタ・モロダー社として、イタリアのモデナに設立されたスーパーカー・メーカーである。

 ザンポッリはかつてランボルギーニで、メカニックやテストドライバーの職にあった人物。同社が本社兼ファクトリーを置いたモデナのティーポグラフィー通りの近くには、スチールパイプを使用したスペースフレームの製作で有名な、あのマルケージ社も本社を構えるという、まさにスーパーカーを生産するには絶好の環境のもとで、チゼタ・モロダーは誕生したのだ。

 当時の本社ポストの表札は、ガムテープにマジックで「CIZETA」と手書きされた粗末なものだった。社内にはわずかな数のスタッフが昔ながらの製法でV16Tを生み出していたことが思い出される。なぜここまでのディテールを自分は覚えているのか。

 それは今回オークションに出品される、このS/N:001がまだプロトタイプとしてさまざまなテストを繰り返していた頃、実際に同社を訪れ、そのテストドライブをおこなった経験があるからだ。

 こうしたこともあって、30年以上の時が過ぎたにも関わらず、今もなお新車時のコンディションを誇るこの車両には特別な感情を抱かずにはいられないのである。

 チゼタ・モロダー社は、その後モロダーがビジネスから撤退したことでシンプルにチゼタ社となり、またザンポッリもビジネスの拠点を、かつてイタリア車のディーラーを経営していたロサンゼルスへと移す。チゼタはオープン仕様を含め、トータルで9台のV16Tを生産。

 RMサザビーズの調べによると、このプロトタイプを含め、モデナ時代に生産されたものとともに、世界にはわずか10台しかV16Tは存在しないことになっている。

Next世界に1台の「チゼタ・モロダー」の名がつく「V16T」とは
Gallery【画像】正真正銘のファースト「V16T」はここが違う!(33枚)

page

RECOMMEND