VAGUE(ヴァーグ)

市販「ヴァルキリー」の1号車が完成! 公道走行可能なF1マシンとは

公道走行可能なF1マシン

 2021年11月4日、アストンマーティンが、待望の「ヴァルキリー」がフル生産に入り、最初のカスタマーカーが完成したと発表しました。この車両は、数週間以内にカスタマーに納車される予定とのことだ。

  • 完成したアストンマーティン「ヴァルキリー」

 アストンマーティン最高経営責任者(CEO)トビアス・ムアース氏は、次のように述べている。

「最初のハイパーカーを完成させることができて、大変誇らしく思っています。

 アストンマーティン ヴァルキリー プログラムでは、開発に携わったすべてのスタッフが限界に挑み、ドリームカーを製作するという強い決意によって、真に驚異的なクルマ、まさに公道を走るF1マシンが誕生しました。

 ヴァルキリーは、このハイパーカーを生産段階へと導くために作業を続けてきた、高度なスキルを持つ数多くのエンジニアや技術者グループによる献身的な努力の結晶です。お客様には、この成果に満足していただけると確信しています」

●「ヴァルキリー」ってどんなクルマ?

 すべてのアストンマーティン・スポーツカーと同様に、ヴァルキリーはアストンマーティンのゲイドン本社で製造されている。

 製造された車両は、専任のプロジェクト・デリバリー・チームが、特別に割り当てられたヴァルキリーの生産エリアで、納車までのプロセスを管理するという。

 そして現在、高度なスキルを備えた技術者のチームが、150台のヴァルキリーを、それぞれ2000時間以上をかけて、手作業で製造。製造された車両は、納車前に数多くのハイパーカーの開発がおこなわれているシルバーストーンのブリティッシュ・モーターレーシングの本拠地にある、アストンマーティン・ハイパフォーマンス施設で、サーキット走行テストが実施されることになる。

 そんなヴァルキリーは、ハイブリッド・システムを備え、1155psの最高出力を発生するV12パワートレインを搭載すると同時に、フォーミュラ1の世界から直接フィードバックされたコンセプトやテクノロジーを採用し、ハイパーカーの新たな時代を定義する存在である。

Gallery【画像】納車目前! 生産第一号「ヴァルキリー」を【画像】で見る(15枚)

RECOMMEND