VAGUE(ヴァーグ)

【勝手に予想】マイチェンしたBMW「X3/X4」のベストバイは?

BMW「X3」と「X4」がマイナーチェンジした

 BMWは2021年10月28日、プレミアム・ミドル・クラスSAV(スポーツ・アクティビティ・ヴィークル)の新型「X3」と、プレミアム・ミドル・クラスSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)の新型「X4」を発売した。

 X3はいわゆるミドルクラスのSUVとして、BMWが掲げている「駆け抜ける喜び」を、オンロードだけではなくオフロードでも味わえるモデルだ。初代は2004年に発売され、その後2011年と2017年にモデルチェンジしており、今回登場したのは、その3代目モデルのマイナーチェンジ版となる。

 X4は武骨さが感じられるSUVというジャンルのクルマに、クーペスタイルを取り入れた、アーバンドライブに似合う都会派モデル。2014年に初代が登場し、2018年にモデルチェンジ。今回はその2代目モデルがマイナーチェンジを受けたということになる。

  • 立体的で大胆なデザインとなった「X3」のテールライト

●マイナーチェンジで何が変わった?

 両車ともマイナーチェンジではあるのだが、その変更箇所はかなり多い。まずエクステリアだが、キドニーグリルは左右一体構造とし、フロントバンパーは空力特性に優れた造形のものに変えられている。ヘッドライトデザインも変更されたほか、リアバンパーのデザインにも変更を受けている。

 パワートレインは「xDrive20i」は4気筒ガソリン、「xDrive20d」には4気筒ディーゼルエンジンを搭載。さらに「xDrive30e」は、4気筒2.0リッターガソリンエンジンと、34Ahのリチウムイオンバッテリーと電気モーターのハイブリッドシステムを搭載している。

 そんな新型X3/X4で注目したいのが「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」だ。

 BMWとして国内初となるこの運転支援機能は、高速道路での渋滞時に、ステアリングから手を放しての走行が可能となるもの。高性能な3眼カメラとレーダーをベースとした「ドライビング・アシスト・プロフェッショナル」も搭載されているため、ドライバーの負担はより小さく、安全性はより高くなっている。

 また、標準装備の「パーキング・アシスタント」は、直前に前進したルートを最大50mまで車両が記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることができる「リバース・アシスト」機能が採用されている。すれ違いが困難な状況となったときなどに、この機能を活かせば、正確かつ安全に、元のルートに戻ることができるだろう。

 コネクテッド面では、AI技術を活用した「インテリジェント・パーソナル・アシスタント」に注目したい。オーナーがシステムの名前を自由に付けることが可能で、今までの音声入力よりも自然な、会話に近い言葉で指示や質問を理解できることから、ストレスなく使うことができるようになっている。

Next「X3」と「X4」は、どのパワートレインを選べば正解?
Gallery【画像】MCを受けた「X3」と「X4」はどこが変わった?(22枚)

page

RECOMMEND