VAGUE(ヴァーグ)

新型「コルベットZ06」追加! なぜ自然吸気V8エンジンを選択したのか

アメリカンGT史上最速の「コルベット」誕生

 第8世代となるシボレー「コルベット(C8)」が誕生してから約2年。そのデビュー時から噂されていた高性能版の「Z06(ズィー・オー・シックス)が2021年10月29日(現地時間)ついに正式に発表された。

  • C8「コルベット」に待望の「Z06」がラインナップされた。2022年夏頃から生産が開始される予定

●「Z06」には自然吸気V8が搭載される

 1954年にデビューを飾ったコルベットは、1963年にはロングノーズを特徴とするセカンド・ジェネレーション(C2)へと進化を遂げ、このC2に初めてレーシングスペックの「Z06」が登場する。搭載されたエンジンは、6.5リッター仕様のV型8気筒OHVであった。

 これが今回C8に追加されたZ06の歴史の始まりであり、それはまたサーキットとスーパーカーの完璧なコンビネーションを象徴する称号ともなっている。

 ただし、エンジン搭載方法がフロントからミッドシップへと、まさに歴史的な変化を遂げるに至ったC8だが、ここからさらにどのようなチューニングが加えられているのだろうか。

 まず注目しなければならないのは、ミッドシップされるエンジンだろう。他社が続々と自然吸気エンジンからの撤退を進めるなかで、シボレーが選択したのは5.5リッターV型8気筒DOHC自然吸気(LT6型)であった。

 新開発のフラットプレーンクランクシャフト(180度クランクシャフト)の採用により、670psの最高出力を8400rpmで発揮する高回転型ユニットとなっている。

 レブリミットは8600rpmで、最大トルクは623Nm/6300rpm。これは6.2リッターでスーパーチャージャーを使用したC7時代のZ06と比較して20psのパワーアップ。ただしトランスミッションはMTの選択がなくなり8速DCTのみとなった。

 なぜシボレーはこの時代に、あえて自然吸気エンジンを継続する決断を下したのか。それは多くのカスタマーが、その特徴である感性にマッチしたエンジンの応答性と追従性を求めて止まないからにほかならなかった。

 そして単にパワーを求めるだけではなく、Z06が最大の魅力を発揮するだろうサーキット走行に特化したパフォーマンス体験のあらゆる性能を補完するように設計されている。

 例えばフルレーシングスタイルのドライサンプオイルシステムや、綿密にチューニングされた吸排気システムに至るまで、一切の妥協はない。ちなみにこのLT6エンジンは2019年からレーシングカーの「C8.R」に搭載され、過酷な環境のもとでその性能と耐久性を確認済だ。

Nextワイドでマッチョになった「コルベットZ06」
Gallery新型「コルベットZ06」のディテールを【画像】で確認(26枚)

page

RECOMMEND