VAGUE(ヴァーグ)

「豪華クルーザーをキャンピングカーにしたら?」スーパーカーまで運べる「ロード・ヨット」になりました

究極のキャンピングカー!? スーパーカーを運べるモーターホームとは

 毎年秋に、ドイツのデュッセルドルフで開催される「キャラバン・サロン・デュッセルドルフ」。

 このイベントで毎回圧倒的な存在感を主張するのが、地元ドイツのフォルクナー・モービル社だ。その歴史は40年以上にもわたり、高級素材や装備を装着することで完全なモーターホームとして、ベースのバスを改造することを得意としている。

 今回VAGUEで紹介するのは、「パフォーマンスS」とネーミングされた同社の最上級モデルで、ベースは、ボルボもしくはメルセデス・ベンツのディーゼルエンジンを搭載するバスであることが明らかにされている。

  • ブガッティ「シロン」を収納するフォルクナー・モービルのモーターホーム

 これまでも、さまざまなモーターホームを発表し、世界のスーパーリッチから「タイヤ付きのヨット」、あるいは「ロード・ヨット」とも呼ばれてきたフォルクナー・モービルのモーターホームだが、今回発表されたパフォーマンスSは、まさに彼らのラインナップでも究極といえる作品だ。

 全長×全幅×全高は1万2000×2500×3850mmというサイズだが、ボディの側面は500mmワイド化できるウォールアウト機能を装備しており、車内のスペースはそれによって30平方米から35平方米に増加する。

 キャビンで使用されている装備は、どれも超一流のクオリティを持つものばかりだ。それらはすべてカスタマーがオーダー可能で、ヨットのように完全にカスタマイズすることができる。

 最高級の暖房システム、エアコン、1830Wのソーラーシステムも装備され、エンジンからの熱やガス、電気はすべて、エネルギー源として使用される仕組みとなっている。

 このほか、高級オーディオメーカー、バーメスター社と協力して、このモデルのために開発された音響システムの素晴らしさも圧巻だ。

●スーパーカーを格納して運ぶという発想

 そして何より圧巻なのは、フォルクナー・モービル社が特許を持つ、ボディのフロア下にお気に入りのスポーツカーを収納するための「セントラルガレージ」だ。

 今回はブガッティ「シロン」の収納風景などが公開されているが、実際にはさらに離れた位置に用意されるパレット上にシロンを乗せ、そこで固定した後に車体の底部に収納される仕組みだ。

 セントラルガレージは、もちろん搭載するモデルに合わせてサイズが設計されるので、車両を傷つけてしまうようなことはない。シロンのようなハイパーカーは、目的地まで乗るのではなく、目的地でその走りを楽しむのだというのが、このシステムのコンセプトであろう。

 気になる価格だが、同社によればスタート価格は160万ユーロ(邦貨換算約2億2184万円)から。すべてのオプションを選択すると約2億6480万円以上に達する可能性もあるという。

 参考までに、パレットに搭載されるブガッティ・シロンは、これもスタート価格で250万ユーロ(約3億3100万円)。ヨットやクルーザーの旅と同様に、何よりも豪華で楽しい旅が、この高級モーターホームの世界ならば簡単に実現しそうだ。

Galleryキャンピングカーにスーパーカーを格納する【画像】を見る(7枚)

RECOMMEND