VAGUE(ヴァーグ)

「ホテル雅叙園東京」のアートなクリスマスをひと足お先に体験! 人気の「嘉山農園の苺ショートケーキ」が入った玉手箱とは

日本美のミュージアムホテルならではのアートなクリスマスを「ホテル雅叙園東京」で

 今年のクリスマスの予定はお決まりだろうか。海外に自由に行けないいま、和テイストのクリスマスというのはいかがだろう。「ホテル雅叙園東京」の2021年のクリスマステーマは、「Art Temptation ―アートの甘い誘惑―」。日本美ミュージアムホテルならではのクリスマスステイを紹介しよう。

  • カシス・フィグ−FANTASY・幻想美−/サイズ:12cm×12cm×7cm/5000円(消費税込)

●東京都指定有形文化財を有する「ホテル雅叙園東京」

 ホテル雅叙園東京は、90年以上の伝統を受け継ぎ、2500点もの日本画や美術工芸品に彩られた唯一無二のミュージアムホテルだ。

 茶室に見立てた全60室の客室は、80平米以上のスイートルームで、スチームサウナとジェットバスが完備されている。シンプルで日本の気品ある美しさを兼ね備えた客室のほか、宿泊しなくても鑑賞することができる東京都指定有形文化財の「百段階段」も有している。

 一歩足を踏み入れるとミュージアムのようなホテルは、世界80か国、520軒を超える独立系の小規模なラグジュアリーホテルだけで構成された「Small Luxury Hotels of the World(SLH)」、および世界的なラグジュアリーツーリズム・コンソーシアム 「Traveller Made」に加盟している。

クリスマスのテーマは「Art Temptation ―アートの甘い誘惑―」

 そんなホテル雅叙園東京の2021年のクリスマスのテーマは、「Art Temptation ―アートの甘い誘惑―」だ。日本美のミュージアムホテルにふさわしい芸術性を求め、アートの世界に没入できるクリスマスプランが、レストラン、宿泊、パティスリーショップなど、ホテル全館で展開される。

 おすすめは、ディナーも客室でいただける「インルームダイニングクリスマスディナー&スパークリングワイン付」プランだ。パートナーとふたりでくつろぎたいという場合や、ほかのゲストと共にレストランで食事をするのは、まだちょっと気になるというときにもうれしいステイプランだ。

 さらにオプションで、クリスマスケーキとミニクリスマスツリーや、部屋に国産もみの木のクリスマス装飾で、クリスマス気分を盛り上げるプランもある。館内にもクリスマスツリーは設置されているが、客室内にあれば、さらに盛り上がりそうだ。

 また、これらのクリスマスツリーに飾られているオーナメントは、廃棄する婚礼衣装を使って手作りされたもの。心温まるクリスマスムードを盛り上げてくれる。

 ステイプランは、インルームダイニングクリスマスディナーだけでなく、館内レストランディナーもある。館内レストランクリスマスディナーは、New American Grill “KANADE TERRACE”、RISTORANTE “CANOVIANO”、 Cafe&Bar「結庵」から選ぶことができ、選択肢が多いのも魅力だ。

Next実際に「ホテル雅叙園東京」のクリスマスケーキを食べてみたら
Gallery食べるのがもったいないほどアートなクリスマスケーキを【画像】で確認(16枚)

page

RECOMMEND