VAGUE(ヴァーグ)

ベントレーが旧NATO空軍基地でドリフト! 新型「コンチネンタルGTスピード」のダイナミック性能の秘密とは

GTスピードの一連のシャシー技術が可能にした正確なドリフト

 ベントレーは2021年10月20日、「コンチネンタル ドリフト」と名付けられた新しい映像を公開した。

  • 「コンチネンタルGTスピード」

 ベントレーのプロダクトコミュニケーション部門の責任者であるマイク・セイヤー氏は、この映像について次のようにコメントしている。

「チームが『GTスピード』の発表のためにコミソ飛行場を見つけ、そこにジムカーナスタイルのコースを作ることを決めた後、次のステップは、これまでに撮影したことのないような映像をデザインすることでした。

 メタリックイエローのベントレーを廃墟となった空軍基地で走らせることは、初体験であり、私たちにとってまったく新しい領域でしたが、結果として、世界最高のグランドツアラーがいかにダイナミックになったかを示すことができました」

●「コンチネンタル ドリフト」とは?

『コンチネンタル ドリフト』は、新型「コンチネンタルGTスピード」の驚くべきダイナミックな能力を捉えた新しい映像である。数々の賞を受賞している自動車映像作家のデビッド・ヘイル氏が撮影したもので、専門的なドローンパイロット、ビデオグラファー兼フォトグラファーのマーク・フェイジェルソン氏がサポートを担当した。

 目の肥えた視聴者は、ベントレーのコミュニケーションチームのメンバーが、カメオ出演していることに気付くことができるだろう。

 同映像では、世界最速かつもっともダイナミックな4シーターグランドツアラーであるGTスピードを紹介するとともに、このクルマの伝統についても考察されている。

 映像の最初と最後に登場する1952年製「Rタイプ コンチネンタル」は、ベントレーが所有するヘリテージコレクションのなかの1台で、当時は世界最速の4シーターカーであった。

 そんなRタイプ コンチネンタルのエレガントでパワフルなデザインは、コンチネンタルGTのデザインにもインスピレーションを与えており、フロントホイールからのパワーライン、リアホイールにかかるハンチ、傾斜したルーフラインは同じDNAで表現されている。

 さらに映像では、イタリアのシチリア島にある廃墟となった航空基地で撮影された驚くべき正確なドリフトなど、ベントレーの最高峰GTのパフォーマンスを存分に表現。

 GTスピードのダイナミックなシャシとリアバイアスされたトルクスプリットが、ほとんどの状況下でW12エンジンが誇る635psのパワーの大半を後輪に送ることができるため、ベントレーにとって新しいタイプの動画を撮影することを可能にしたという。改善されたコーナリングダイナミクスと、一連の新しいシステム(eLSD、全輪操舵、新しいESCを含む)によってグリップ力が向上し、どのようなコーナーでも、より高いレベルの精度と自信を持って攻めることができる。

 その結果、クルマはトラクション性能からの最大限のパフォーマンスを引き出すことができ、完全にバランスのとれたグリップあるいはコントロール可能なスライドのいずれにおいても、アペックスからの見事な加速と落ち着きを実現。900Nmのトルクを発揮するパワートレインを搭載したGTスピードを、信じられないほど簡単に、限界まで走らせるムービーを完成させた。

●舞台となった「NATO空軍基地」ってどんな場所?

 この映像は、シチリア島でおこなわれたGTスピードのグローバルメディア試乗会の際に、1日をかけて撮影されたという。

 同イベントのためにベントレーは、コミソ空軍基地として知られていたNATOの廃墟をジムカーナスタイルのサーキットに改造した。

 1936年にコミソに建設された飛行場は、1980年代に核弾頭を搭載した112基の地上発射巡航ミサイルの基地として再建された、南ヨーロッパ最大のNATO空軍基地であった。

 約30年前に廃止され、その後ゆっくりと自然に再生されてきたコミソは、GTスピードの性能を実証するための安全かつ挑戦的な環境を作るのに理想的な場所と認められ、今回の映像の撮影の舞台に決定された。

NextコンチネンタルGTスピードの驚異的なダイナミック性能の秘密とは
Gallery【画像】ベントレーが公開した「コンチネンタルGTスピード」のドリフトを画像で見る(11枚)

page

RECOMMEND