VAGUE(ヴァーグ)

グレゴリーイズムを継承したゴルフバッグの魅力とは

グレゴリーが打ち出すゴルフバッグの新定番

 ラウンド中の相棒となるキャディーバッグに「クラシックキャディーバッグ」(5万8300円/消費税込、以下同)と「ハイブリッドキャディーバッグ」(5万2800円)の2モデルが登場。グレゴリーの代名詞である“デイパック”がそのままキャディーバッグになったかのようなデザインの「クラシックキャディーバッグ」は、ライフスタイル製品と同じ素材を採用することで、グレゴリーの定番デザインを落とし込んだキャディーバッグを実現している。

 また、「ハイブリッドキャディーバッグ」は、ライフスタイルのデザインとアウトドアパックの機能を融合。アウトドアブランドならではの機能性と品質が体感できる“いいとこ取り”のハイブリッドなキャディーバッグだ。

 他にも、ゴルフアクセサリーではキャディーバッグ同様、ライフスタイル製品と同じ素材を採用したヘッドカバーを3種展開。大容量の「ゴルフトート」と、ボトルスリーブが備わった使い勝手の良い「カートバッグ」も展開する充実したラインナップも魅力である。

  • グレゴリーを代表するデザイン手法と素材を使った定番スタイルのキャディーバッグ

●アウトドアブランドならではの機能性と高品質

 今回はバッグへの造詣が深い、スタイリストの宇田川雄一さんにグレゴリーの魅力について聞いてみた。

「1977年にアメリカで誕生したグレゴリーは“バッグ界のロールスロイス”と呼ばれるほどの快適な背負い心地に定評があるアウトドアバッグのブランド。なかでも『デイパック』『スケッチ』『アセンドデイ』など、日常使いで人気な名作バッグを多く輩出しているのが特徴です」

「これらのバッグは時代に左右されない定番性と、バッグブランドのなかでもトップクラスの耐久性から長く使える魅力を持っています。そんなグレゴリーイズムを継承したゴルフバッグは、カジュアル化が進むゴルフファッションにもぴったりで、ストリートファッションをゴルフに落とし込んだような雰囲気にとても惹かれますね」

 街でも多く見かけるグレゴリーのバッグ。そんな馴染み深いデザインをゴルフでも堪能できるのは、グレゴリーゴルフならではの魅力。人気のグレゴリーを取り入れてゴルフファッションを楽しんではいかがだろうか。

Gallery【画像】アウトドアスタイルを取り込んだ新たなゴルフバッグ(9枚)

RECOMMEND