VAGUE(ヴァーグ)

S30系「フェアレディZ」は大陸系の乗り味【旧車試乗】

国際ラリーで大活躍した、国産スポーツカー史に輝く名車とは?

 2021年の自動車界におけるスーパースターといえば、海外勢ではランボルギーニ「カウンタック」。そして国産車では、なんといっても日産「フェアレディZ」で間違いないだろう。

 フェアレディZの新型車については2020年夏、元祖「Z」であるS30系をモチーフとしたプロトタイプが発表されたのち、この夏にはアメリカで生産モデルがワールドプレミアに供され、日本国内でも今冬には正式デビューが予定されているという。

 またそのかたわらで、そのオマージュの対象とされたクラシックモデルも、今や全世界で偉大なるオリジンとして敬愛されている。

 そこで今回のVAGUEでは、「クラシックカーって実際に走らせてみると、どうなの?」という疑問にお答えするべくスタートした、クラシック/ヤングタイマーのテストドライブ企画第2弾として、S30系フェアレディZの海外輸出用モデル「ダットサン240Z」、しかも、ちょっと特別な仕立てが施された1台を紹介しよう。

  • フロントに並ぶ4つの補助灯がラリーカーであることを強くアピールする

 1969年10月に発表された初代フェアレディZは、日本車が初めて世界基準で認められた、スポーツカーの傑作といわれている。

 前任モデルにあたる「フェアレディ2000(SR/SRL311系)」が、古典的かつワイルドなロードスターだったのに対して、S30系フェアレディZは1970年代を見据えたグラントゥリズモ(GT)として、クローズドルーフを持つクーペとして企画された。

 SR311、さらにいえばその以前のSP310/SP311の時代から最大マーケットであった北米市場の志向性を最大限に意識して開発され、日本での発表と時を同じくして「ダットサン240Z」の名でアメリカとイギリスでデビューを果たした。

 その後はヨーロッパ大陸やほかの国にも輸出され、1978年に生産を終えるまでに約55万台を生産。そのうち約47万台がアメリカを筆頭とする海外に送り出された。

 そして、フェアレディZ/ダットサン240Zの成功を支えた重要な要素として挙げるべきは、日産ワークスチームによる国際ラリーでの大活躍だろう。

 日産ワークスのダットサン240Zは、1971年および1973年の「東アフリカ・サファリラリー」で総合優勝を獲得したほか、1972年には「モンテカルロ・ラリー(現WRCラリー・モンテカルロ)」でも3位入賞を果たすなど、日産、ひいては日本車のイメージを大幅に向上させることになったのだ。

●少年時代に見たラリーカーを実際に作ってみた

 そんなZの活躍が、当時の日本のカーマニアたちを大いに沸かせたのは想像に難くない。モンテカルロ・ラリー入賞マシンは日本に帰国したのち、国内各地の日産ディーラーで巡回展示されたそうだが、その際に目を輝かせて240Zを見つめた少年のひとりが、今回のテストドライブに愛車を提供してくれた横田正弘氏だった。

 群馬・伊香保温泉近くの人気観光スポット「伊香保おもちゃと人形 自動車博物館」の創業者にして、「スプレンドーレ伊香保」など数多くの人気イベントを立ち上げる一方で、自ら「ミッレ・ミリア」などの国内外のクラシックカーラリーで輝かしい戦績を挙げてきた、日本を代表する自動車コレクターのひとりである。

 横田館長は、かねてより保有していたダットサン240Zを1972年モンテカルロ・ラリー入賞車とそっくりに仕立てたレプリカに改装し、モンテカルロ・ラリーのクラシック版であるクラシックカーによるラリー世界最高峰と称される「ラリー・モンテカルロ・ヒストリーク(Rallye Monte Carlo Historique)」の2018年版に正式エントリー。見事完走を果たし「240Zでモンテを走る」という積年の夢を叶えた。

 今回の試乗車は、まさにその時の参戦車両。現在の日本国内に数多く生息するS30系フェアレディZ/ダットサン240Zのなかでも、格別の1台なのである。

Nextマルセイユまで運転した「240Z」を日本で再試乗してみたら
Galleryラリー仕様のS30系「フェアレディZ」の全容を【画像】で見る(28枚)

page

RECOMMEND