VAGUE(ヴァーグ)

ポルシェ「918」のなかでも「ヴァイザッハ」仕様は別格扱い ハイブリッドはコレクターズアイテムになるのか?

ポルシェにとっては最初で最後? ハイブリッドのハイパーカー

 2021年9月17日、RMサザビーズ欧州本社は、同社では初の試みとしてスイスでオークションを開催した。サン・モリッツの5つ星ホテル「ケンピンスキー・グランドホテル・デ・バン」を舞台に開いた「St.Moritz」オークションである。

 このオークションは、サン・モリッツ近郊で2014年から開催されているクラシックカーのツーリングイベント「ベルニナ・グランツーリズモ」と、同時期にサン・モリッツ市内で開かれる「サンモリッツ・オートモビル・ウィーク」にリンクしたもので、出品点数こそRMサザビーズのオークションとしては少々少なめだが、スイスのみならず欧州全域の富裕層が集まるイベント期間中ということもあって、大きな成果が得られたという。

 今回VAGUEでは、その出品車両の中からポルシェ「918スパイダー」を俎上に乗せ、オークションレビューをお届けしよう

  • ポルシェ「918」をさらにハードコアに仕立てたのが「ヴァイザッハ」仕様だ(C)2021 Courtesy of RM Sotheby's

●ハイパーカーにとって、2013年はインテージイヤー

 カーボンニュートラルへの移行を受け入れるためのシフトとして、スーパーカーおよびハイパーカーの世界でも電動化が進む現代にあって、2013年はある意味において後世まで語られるヴィンテージイヤーになったともいえるだろう。

 それまでのハイブリッドカーは、主に実用車を中心に波及していたのが、この年に相次いで登場した「ラ・フェラーリ」やマクラーレン「P1」、そしてポルシェ918スパイダーでは、それぞれのブランドのハイエンド・ハイパーカーに、この時代における最新テクノロジーを投入したハイブリッドシステムを採用。二酸化炭素の排出量低減と、1000ps近いパワーの両立に初めて挑んだのだ。

 今回の主役であるポルシェ918スパイダーは、2010年のジュネーヴ・ショーにてコンセプトカーとして初登場。エクステリアのモチーフは、1969年にレースデビューし、1970年代初頭の耐久レースを席巻したレーシングプロトタイプのポルシェ「917」とされていた。そののち翌2011年に市販化が発表され、2013年に生産モデルが初めてラインオフした。

 918スパイダーの最大の特徴は、高度なハイブリッドシステムを持つことであろう。まず後輪の駆動は、主に北米の耐久レースで大成功を収めたLMPレーシングスポーツカー「RSスパイダー」に由来する、自然吸気の4.6リッターV8ガソリンエンジンによってまかなわれる。

 一方フロント左右輪には、それぞれ約95kWを発生する電気モーターを2基搭載。もとより前任モデルである「カレラGT」の5.5リッターV10と同等、612psのパワーを発生するV8エンジンと合わせて、システム総出力は887psに達した。

 この電気モーター用の電気エネルギーは、312個のセルで構成された容量6.8kW/hの液冷式リチウムイオンバッテリーに蓄えられ、必要に応じて約30kmまではバッテリー電力だけで走行することを可能にした。このバッテリーパックはガソリンエンジン自体を介して、ブレーキング中に蓄えられた回生電力、またはプラグイン方式で充電することができることになっている。

 そして車両の根幹をなすシャシは、カレラGTから継承されたカーボンファイバー製モノコックを採用。さらに、アクティブサスペンションや後輪操舵システム、あるいは車速が約260km/h以上に達した際には、自動的にリア2輪駆動モードへとスムーズに移行するインテリジェントな4輪駆動システム、さらにはポルシェのレース育ちのPDKデュアルクラッチシステムを備えていたのも、918スパイダー独自の新機軸であった。

Next新車時の価格を大幅に上回るハンマープライスの理由とは?
Gallery【画像】新車同然コンディションの「918スパイダー」とは(28枚)

page

RECOMMEND