「Gクラス」と「GLE」の最新ディーゼルエンジン搭載SUVを乗り比べる

ラインナップの拡充が目覚ましいメルセデス・ベンツ。そこで、似て非なるSUVモデルを2車種比べて、どちらがいま買うべきモデルなのかを検証してみよう。ボディサイズと新車価格が近く、発売当初のスタイリングを維持したまま今なお人気のある「G 350 d」と最新の「GLE 400 d 4MATIC Sports」の2車種、ともにディーゼルエンジン搭載モデルだ。

意外と狭いGクラスと7人乗りが標準のGLE

 メルセデス・ベンツのSUVラインナップの頂点には、「GLS」クラスがあるが、GLSは全長が5mを超えてしまうため、GクラスやGLEと比べると、ワンランク上の車格となる。

 駐車場の関係から全長5m以下のクルマしか購入のできない人も多く、全長が5m以下のボディサイズであり、同じ3リッター直列6気筒クリーンディーゼルエンジンを搭載した同価格帯のGクラスとGLEの2台を比べてみることにしよう。

SUVの定番であり王道であるGクラス

 最初に車検証上のボディサイズで比べてみよう。Gクラスは、全長4660mm×全幅1980mm×全高1970mm。一方のGLEは、全長4940mm×全幅2020mm×全高1780mmだ。

 Gクラスは、大きなボディというイメージがあるが、見た目のインパクトに比べて本当はスリークだ。こうしたこともあり、自宅駐車場のスペースが狭い都内(とくに世田谷区、目黒区)などでの生息数が多いともいわれている。限られた駐車場に納まる、最も大きな、そして最も見栄えの良いクルマというわけだ。

 ただし、もともとGクラスが設計されたのは1970年代ということもあり、現在の衝突安全基準に適合するために、さまざまな改良がなされている。

 また、本来は軍用車として開発されたので簡素な内装で良かったのだが、現在は高級車という位置づけであるためドアパネルをはじめ、シートなども豪華に仕上げられている。そのため、車内空間はさらにタイトになってしまった感は否めない。

 一方のGLEは、ホイールベースが2995mm(Gクラスは2890mm)であり、もともと車室を広く取るように設計されている。シートは標準で3列となり、3列目シートは2名座ることができる。

 3列目シートはラゲッジルーム側からスイッチひとつで、電動で倒したり立てたりすることが可能だ。また、3列目シートへアクセスするために、2列目シートは手動ですぐに倒すことができる。2列目、3列目シートを倒すと、最大で2055リッターのラゲッジルームスペースとなる。

 Gクラスのラゲッジは荷物を積載しやすいスクエアな形状で、高さがあるので非常に使いやすいのが特徴だ。しかし、リアシートを倒してもフルフラットになるわけではない。ちなみに、ラゲッジスペースは667リッターから1941リッターだ。

 ステアリングホイールやペダル、ダッシュボードの1枚のガラスカバーで融合したワイドディスプレイ/コクピットディスプレイなど、GクラスもGLEも部品を共用しているが、運転席に座ったときの印象はまったく異なる。

 シート座面から天井までの高さは、Gクラスが1025mm、GLEが1074mmだ。車高がそれぞれ1970mmと1780mmなので、Gクラスは乗降しづらくアイポイントも高いことが数値の上でもよくわかる。

 実際にGクラスはステップを使わないと、子どもや高齢者の乗降にはかなり厳しい。一方のGLEはそれほど乗降が困難ではなく、ヘッドクリアランスもあることから、車内は広く感じる。

 ドライバーズシートに座ったときのそれぞれの異なった印象は、そのままドライビングの印象に繋がっている。

Gallery:【画像】定番のGクラスと最新のGLEを写真で徹底比較!(31枚)