VAGUE(ヴァーグ)

過ごしたい場所に移動させて楽しめる“レイアウトフリーテレビ”が4K画質を実現できた技術とは?

チューナーとモニターをセパレートしてレイアウトフリーを実現

 パナソニックのレイアウトフリーテレビ「TH-43LF1」は、モニターとチューナー部をセパレートした43インチの4K液晶テレビだ。

 モニターとチューナーは、4K画質対応の無線接続にて映像や音の信号をやりとり。モニターのアンテナ線への接続は不要で、チューナー部をアンテナ端子に近い場所へ設置し、モニターの電源コードをコンセントに挿せばすぐに視聴できる。

  • ワイヤレスでも4K映像の信号を転送できる技術を搭載し、モニターとチューナー部をセパレートしたパナソニックのレイアウトフリーテレビ「TH-43LF1」

 家庭のリビングにはコンセントが複数あるのが一般的だが、それらを利用できる位置にモニターを移動させ、リビングの好きな場所に設置することが可能。また、ダイニングテーブルの横やベッドルーム、書斎などへ移動させて使えるなど、置き場所を選ばないのも美点だ。

「TH-43LF1」がワイヤレスでも4K映像の信号を転送できる技術について、プロジェクトリーダーを務めた中澤 攝さんはこう語る。

「無線伝送技術はポータブルテレビの『プライベート・ビエラ』から、4K映像の圧縮技術はブルーレイレコーダーの『4Kディーガ』から継承することで、チューナー部からモニターへとデータ容量の大きい高画質な4K映像を安定して無線伝送できるようにしました。リアルタイムでの4K放送の無線伝送を実現したテレビは、業界初となります」

「TH-43LF1」はキャスターつきスタンドを採用しており、設置場所を移動させるのも簡単。また、電源コードをスタンド内部に収納できるほか、マグネット式コンセントを同梱するなど、設置の自由度を高めるための工夫が盛り込まれている。

「これまでのテレビはアンテナ端子の位置によって設置場所が固定され、家具のレイアウトに制約が生じるといったご意見を多数いただきました。そうした問題を解決するために開発したのがレイアウトフリーテレビ『TH-43LF1』です。

 設置場所の自由度が高まることで、テレビの設置場所に制約を受けることなく家具のレイアウトを自由に変更でき、お部屋を広く使うこともできます。さらに、ソファの前やダイニングテーブル、さらにはキッチンや書斎へと、テレビの前に人が移動するのではなく、過ごしたい場所にテレビが移動するという新しい視聴スタイルを実現しました」(中澤さん)

●テレビ番組の録画やネット動画の視聴も自由自在

「TH-43LF1」は、新4K衛星放送対応チューナー2基を含む3チューナーを搭載している。さらにチューナー部には2TBのハードディスクを内蔵しているため、テレビ番組の録画にも対応。地上デジタル放送の2番組同時録画や、新4K衛星放送を録画しながらの地上デジタル放送録画も可能にしている。

 また、新4K衛星放送の4K長時間録画モードにも対応。新4K衛星放送の特徴である3840×2160ドットの4K高解像度やBT.2020の広色域規格、10ビットの細やかな階調表現、なめらかな60p表示などを実現しながら、通常録画比で4倍以上の長時間録画を可能にした。

 ちなみに、録画した番組や放映中の番組は、スマホアプリ「どこでもディーガ」を使って外出先などでも視聴可能。さらに、保存した録画番組のデータをスマホにダウンロードして持ち出せる“番組持ち出し”機能も搭載するので、通信料や放送の電波状態などを気にすることなく、高画質な映像をスマホで楽しめる。

 もちろんイマドキのテレビだけあって、インターネット動画配信サービスにも対応。YouTubeやTVer、ABEMA、Netflixといったネット動画も楽しめる。加えて、付属のリモコンにはNetflixやDisney+などのダイレクトボタンを配置。テレビ番組のチャンネルで選局するように、ネット動画を気軽に視聴できるのだ。

●製品仕様
・価格:オープン価格
・サイズ:幅980×奥行492×高さ1182mm(モニター)、幅215×奥行215×高さ80mm(チューナー部)
・重量:約24.5kg(モニター)、約1.8kg(チューナー部)
・ディスプレイサイズ:43インチ
・パネル:LED IPS
・入出力端子:ヘッドホン/イヤホン端子×1、HDMI×2、USB3.0端子×1(モニター)、USB×2、LAN×1(チューナー部)

Gallery【画像】設置場所を自在に変えられるパナソニックのレイアウトフリーテレビ「TH-43LF1」の詳細を見る(6枚)

RECOMMEND