VAGUE(ヴァーグ)

「HOTEL K5」が「HOTEL CONVERSION」部門を受賞! 都内で一味違うステイ体験を試してみては

街を変化させる起点として誕生した施設

 平和不動産が推進する日本橋兜町・茅場町再活性化プロジェクトにて生み出された施設「HOTEL K5」が、英国のホテルデザイン誌「Sleeper」が主催する「AHEAD ASIA 2021」において「HOTEL CONVERSION」部門を受賞した。

  • 客室前の廊下部分

●「HOTEL K5」ってどんな施設?

 HOTEL K5は平和不動産で進める街づくりのファーストステージにおいて、街を変化させる起点として誕生した施設である。

 今回の受賞では、本施設がもともとの建物自身に宿る魅力を受け入れ、真に称賛する姿勢、そしてホテルが提供する自信に満ち溢れたおもてなしのなかに、オリジナリティがにじみでているとして高い評価を得たという。

 また、複数の要素を集約する同施設は「Revitalize~新しい生命を吹き込む~」をコンセプトに、小規模ながらも時代をリードするマイクロ・ディベロップメントと位置付けられ、空間全体で、人の五感を刺激する施設を目指している。

 建物は、大正12年(1923年)に竣工され、その後1980年代に鋼板パネルで覆われた状態となっていた。

 しかし、設計者が西村好時氏であること、渋沢栄一翁により1873年に創設された日本初の銀行(第一国立銀行)の三代目建物の分館として建築されたことから、同建物の当時の姿をもう一度表し、魅力的に活用するために、大規模リノベーション工事を実施。同施設にさまざまな目的を持って、人々が訪れることが、「この街全体に訪れてもらうきっかけづくり」となっていくことを願っているという。

 なお、AHEAD AWARDSは、全世界の宿泊施設のなかから、デザインや体験、ホスピタリティなどにおいて高い評価を得られた施設に贈られる賞である。

●兜町を選んだ理由とは?

 兜町は、明治以来、「コト始めの街」、「投資の街」、「証券の街」としての地歴を有し、時代時代のイノベーションが起こり、投資家が集い、さまざまな情報が交流する舞台となってきた。

 こうした歴史的な背景などを踏まえ、同社は「人が集い、投資と成長が生まれる街づくり」を、街づくりのコンセプトとして掲げ、兜町の持つポテンシャルと周辺の街の機能との融和による「兜町らしさ」の再構築を目指している。

●「K5」はどんなデザイン?

 建築・空間デザインを監修したのは、スウェーデンストックホルムを拠点に活躍する建築家パートナーシップ「CLAESSON KOIVITO RUNE(以下CKR)」。歴史的建造物の重厚感を尊重しつつ、北欧と和のテイストが絶妙なバランスでブレンドされた新しい空間が演出されている。

 地下1階から地上1階は、K5のみで体感できる斬新な飲食機能が、地上2階から4階はブティックホテルであるHOTEL K5が入っており、「動」(地下1階から地上階)と「静」(地上2階から4階)の対比を体感することで、感性が開かれるようなエクスペリエンスを提供できるよう、考えられているという。

 ホテルの一般的な空間構成とは一線を画す、シームレスで曖昧な空間づくりがコンセプトのひとつで、1階のレストランからコーヒーショップまでを途切れさせず、自然と視線が流れる空間となっている。

 また、客室前の廊下部分と客室内のタイルを統一し、それを客室ごとにパターンを変えることで、客室と廊下の境目があいまいになり、ひとつの空間として繋がっているように感じる工夫が施された。

●K5フロア構成とテナントについて

●B1階

・「B」(ビー)/ビアホール
 ニューヨーク初のクラフトビールブランドBrooklyn Breweryの世界初のフラッグシップ店。多種多様なBrooklyn Breweryのビールを片手に楽しめるさまざまなコンテンツが予定されており、足を運ぶたびにその姿を変える場所となる。

●1階

・CAVEMAN/レストラン
 日本、フランス、デンマークなど多様な文化によって創発された東京・目黒の人気レストラン「Kabi」の新しいレストラン。国籍に囚われない、見たこともない料理の数々が、ナチュラルワインやビールと合わせて提供される。また「HOTEL K5」の朝食も、同レストランより提供されることになる。

・AO(アオ)/バー
 田中開と野村空人の両氏がプロデュースするライブラリーバー。アジアのお茶や漢方をベースにしたカクテルが提供される。滞在する人への癒しとなるようなメニューで、室内は本棚に囲まれた空間となっており、本を読みながら、さまざまなドリンクを楽しむことができる。日中は、ティーサロンとしても営業。

・SWITCH COFFEE/コーヒーショップ
 目黒、代々木八幡に店舗を構える人気コーヒーショップの3店舗目。エスプレッソやカフェラテ等の他、シングルオリジンのドリップコーヒーを用意。朝から夕方までいつ立ち寄っても手軽に質の高いコーヒーが提供される。

●2階から4階

・HOTEL K5
 2階から4階を占めるブティックホテル「HOTEL K5」は、全20部屋と小規模ながらも安らぎとインスピレーションを同時に提供する、ハイエンドブティックホテルである。建物が醸し出す重厚感ある外観と、東京に点在する自然そのものからインスパイアされ、先鋭的でありながらも、その場所における時の重なりや日本の伝統を意識したタイムレスなデザインをコンセプトとしている。

●施設概要

・施設名称:HOTEL K5 (RC造 地上4階、地下1階)
・運営者:FERMENT Inc
・インテリアデザイン:CLAESON KOIVISTO RUNE
・植栽デザイン:株式会社Yard Works
・設計施工:株式会社ADX

Gallery【画像】オシャレで泊まりたくなる「K5」とは?

RECOMMEND