VAGUE(ヴァーグ)

戦闘機のファーストクラス!? アルピナ「B8グランクーペ」のライバルはポルシェやアストンにAMGだった

スポーティでありながらラグジュアリーなアルピナの世界

 2021年9月29日、東京白金台・八芳園にて、アルピナ「B8グランクーペ」のジャパンプレミアがおこなわれた。B8グランクーペは、E24「6シリーズ」ベースの「B7ターボ」やE31「8シリーズ」ベースの「B12 5.0クーペ」のDNAを受け継ぐ、アルピナのなかでも究極のモデルだ。

  • アルピナ「B8 グランクーペ オールラッド」のライバルは、「パナメーラ」や「DB11」だ

 八芳園のジャパンプレミア会場の入り口では、アルピナグリーンの「B7 Sターボ・クーペ」がまず来場者を迎えてくれた。30台のみ生産された同モデルの貴重な1台で、本国のアルピナでフルレストア済みとのことで、会場オープン前に記念撮影する人も多かった。

 では、ニコル・オートモビルズ副社長ミヒャエル・ヴィット氏のスピーチから、B8グランクーペの概要と昨今のアルピナを取り巻く現状をまとめてみよう。

●B8グランクーペのライバルは?

 アルピナがB8グランクーペのコンペティターとしているのは、アストンマーティン「DB11」、マセラティ「クアトロポルテ・トロフェオ」、ポルシェ「パナメーラ・ターボS」、メルセデスAMG「GT63 S 4マティック」だ。

 比較しやすいようにコンペティター4台と一緒に価格・最高出力・最大トルク・最高速度・0−100km/h加速を以下にまとめてみた。

■アルピナ「B8グランクーペ(右H)」:2602万円・621ps・800Nm・324km/h・3.4秒
■アストンマーティン「DB11 V8」:2368万円・528ps・675Nm・309km/h・4秒
■マセラティ「クアトロポルテ・トロフェオ」:2302万円・580ps・730Nm・326km/h・4.5秒
■ポルシェ「パナメーラ・ターボS」:2882万円・630ps・820Nm・315km/h・3.1秒
■メルセデスAMG「GT63 S 4マティック」:2437万円・639ps・900Nm・315km/h・3.2秒

 アルピナの場合、最高速度ではなくて巡航最高速度──つまり瞬間的ではなく、ドライバーがステアリング操作をおこなえる最高速度であることはいまさら説明するまでもないだろう。

 ミヒャエル・ヴィット氏は、こうしたB8グランクーペを「ファーストクラス並みの快適なキャビンに、戦闘機のようなパフォーマンスを併せ持ったクルマ」と表現した。

 もちろんスペックだけをも比べただけでも、アルピナB8グランクーペがコンペティターに対していかに魅力的であるかをうかがい知ることができる。

●911やAMGからの乗り換えが増える

 2020−2021 パフォーマンス・カー・オブ・イヤーをアルピナ「B3」が受賞したこともあり、BMWアルピナの日本国内における販売は好調のようだ。アルピナは生産台数を限定していることから、B3に関しては現在1年待ちという状況であるが、待つに値する1台である。

 また、現在のアルピナのカスタマーにも変化が見られるようだ。かつては、BMWの通常ラインナップ車を購入、その後にMモデルなどを経験してアルピナにたどり着くというカスタマー、もしくはもともとのアルピナファンが多かった。

 しかし、最近ではポルシェ「911」やメルセデスAMGから、アルピナへ乗り換える新規カスタマーが増えたというのだ。これは、アルピナの奥深いドライバビリティをよく理解した上での選択といってもいいだろう。

 また、911やメルセデスAMGがレアな存在ではなくなったためという側面もあるだろう。他人と被らない希少なクルマは、常にセレブに求められるものであるからだ。

 こうした点では、限られた台数しか生産されないアルピナ、しかもB8グランクーペは、非常に希少なクルマであることは間違いなく、アドバンテージを持っている。

 B8 グランクーペの日本国内での販売はすでにスタートしており、現在納期は6か月から8か月ほどとのこと。個別にインテリアなどをオーダーするとさらに納期は長くなることは覚悟しておいたほうがいいだろう。

●BMW ALPINA B8 GRAN COUPE ALLRAD
BMWアルピナB8 グランクーペ オールラッド
・車両価格(消費税込):2557万円(左H)、2602万円(右H)
・全長:5090mm
・全幅:1930mm
・全高:1430mm
・ホイールベース:3025mm
・車両重量:2140kg
・エンジン形式:V型8気筒ビ・ターボ
・排気量:4394cc
・エンジン配置:フロント縦置き
・駆動方式:4輪駆動
・変速機:8速AT
・最高出力:621ps/5500-6500rpm
・最大トルク:800Nm/2000-5000rpm
・0-100km/h:3.4秒
・巡航最高速度:324km/h
・公称燃費(WLTP):8.4km/L
・ラゲッジ容量:440L
・燃料タンク容量:68L
・タイヤ:(前)245/35ZR21、(後)285/30ZR21
・ホイール:(前)8.5Jx21、(後)10Jx21

Next最新アルピナ「B8グランクーペ」を【動画】で確認する
Gallery【画像】日本初お披露目のアルピナ「B8 グランクーペ」とは(22枚)

page

RECOMMEND