VAGUE(ヴァーグ)

本国ドイツの2倍の長さで千葉に「ポルシェ通り」誕生! ポルシェが木更津でおこなうプロジェクトとは

契約期間は2021年10月1日から2026年9月30日までの5年間

 2021年10月1日に、ポルシェジャパンがポルシェ・エクスペリエンスセンター東京をオープン。同時に、同施設に通じている市道125号線の一部となる1kmの区間を、「ポルシェ通り(Porsche Strasse/ポルシェストラッセ)」と命名した。

 なお、ネーミングライツの契約期間は2021年10月1日から2026年9月30日までの5年間で、これは、輸入車(外国メーカー車)ブランドとして初の実績となる。

  • 市道の表示がポルシェのクレストのデザイになっているのが分かる

●ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京とは?

 ポルシェ通り(Porsche Strasse)と命名された市道125号線沿いに設置されたポルシェ・エクスペリエンスセンター東京は、ポルシェが世界で展開するブランド体験施設である。

 輸入車ブランドが国内に大規模なスポーツドライビング施設を建設することは日本では初であり、自動車業界随一となっている。

 さらに、輸入車ブランドが日本の公道でネーミングライツとして選ばれることも、日本初の事例となっている。

 また、ポルシェジャパンでは独自の包括的なCSRプログラム「Porsche. Dream Together」を2020年11月に立ち上げ、木更津の環境保護や地域連携を深める活動を推進しているという。

 具体的には、災害が発生した際にポルシェジャパンが地域支援のため木更津市に協力をする協定書を2021年9月30日付で締結。さらに、木更津市で有機栽培されたお米を木更津市内の小中学校へ提供する「木更津有機米学校給食プロジェクト」への協力や、11月21日に開催される千葉県在住者対象のチームランニングイベント「ブルーベリーRUN」では、ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京を会場として提供し、約1000人のランナーが参加する予定となっている。

※ ※ ※

 同契約を締結した木更津の渡辺芳邦市長は、次のようにコメントしている。

「世界的に知名度の高いポルシェ社が、本市に進出いただいたことを大変嬉しく思うとともに、木更津の新たな魅力発信拠点として、交流人口の増加や地域経済の活性化につながることを地元市として大いに期待しています。

 さらに、市道125号線の一部を“ポルシェ通り”と名付けていただき、心より御礼を申し上げます。この愛称が広く浸透し、愛されることを願っております」

 ポルシェジャパン社長のミヒャエル・キルシュ氏も次のようにコメントする。

「日本にポルシェ・エクスペリエンスセンター東京を設立できることに深い喜びを感じています。この千葉県木更津市はとても美しい自然に囲まれた都市で、設立にあたり環境保全に関わる問題を深く追求し協議してきました。

 そして、このネーミングライツを承諾してくださった渡辺市長をはじめ、木更津の皆さんに感謝いたします。日本で初となるポルシェの名が付いた記念すべきポルシェ通り(Porsche Strasse)は、標識のデザインにもこだわり、ポルシェのクレストをモチーフに加えました。

 ポルシェは千葉県および木更津市のコミュニティに対し、貢献できる良き企業市民でありたいと考えます。今後も地域に向けた貢献をおこなうことを約束します」

●本国ドイツのポルシェ通りはどこにある?

 VAGUE読者ならば、「ポルシェ通り」はドイツ本国にあることをご存知だろう。シュトゥットガルトの北5km少し離れた場所にあるポルシェミュージアムを訪れた人は多いだろうが、さらに300m弱北に行った場所に、ひっそりとポルシェ通りが存在している。

 ポルシェの工場の門から東へ500mほどの通りで、沿道にはカーディーラーや工場などが立ち並んでいる。いわゆる観光名所ではないのだが、もしポルシェミュージアムを訪れる機会があれば、話の種に立ち寄ってみるのもいいだろう。

Gallery【画像】ドイツだけでなく日本にもできた「ポルシェ通り」とは?(9枚)

RECOMMEND